ニュース
» 2015年06月08日 12時00分 UPDATE

自動運転技術:自動運転に必要な高精度地図データ、デトロイト市街地で提供へ

PND(Personal Navigation Device)や地図データサービスなどを手掛けるオランダのTomTomは、デトロイトの市街地周辺(Metro Detroit)向けに自動運転技術に対応する高精度地図データを提供する。

[朴尚洙,MONOist]

 PND(Personal Navigation Device)や地図データサービスなどを手掛けるオランダのTomTomは2015年6月3日、デトロイトの市街地周辺(Metro Detroit)向けに自動運転技術に対応する高精度地図データを提供すると発表した。

 自動運転を実現するには、さまざまなセンサーによって周辺の状態を検知/解析し、車両の運転制御を行う必要がある。センサーによる検知とともに重要とされるのが、走行している地域の地図データである。それも、従来の地図データよりも精度の高い、自動運転に対応した地図データが必要になるといわれている。

 TomTomは、北米の自動車産業の集積地であるデトロイトの高精度地図データを提供することで、同地区に本拠を置くGeneral Motors(GM)やFord Motor(フォード)、両社と関連するサプライヤが進める自動運転技術開発への関わりを深めたい考え。

 なおTomTomは、Audi(アウディ)が2015年1月開催の「Intrenational CES 2015」において自動運転技術を披露した際に、カリフォルニア州サンフランシスコからネバダ州ラスベガスまでの高精度地図データを提供している。

アウディがカリフォルニア州サンフランシスコからネバダ州ラスベガスまで560マイルの自動運転に成功した際の記念写真 アウディがカリフォルニア州サンフランシスコからネバダ州ラスベガスまで560マイルの自動運転に成功した際の記念写真(クリックで拡大) 出典:アウディ

関連キーワード

地図 | TomTom | 自動走行車


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.