ニュース
» 2015年06月10日 13時00分 UPDATE

CADニュース:無償3次元CAD「DesignSpark Mechanical」用拡張モジュール

アールエスコンポーネンツは、無償3次元CADツール「DesignSpark Mechanical」に、他社CAD連携や図面作成機能を付加する拡張モジュールの販売開始を発表した。

[八木沢篤,MONOist]

 電子・電気部品/産業用部品の通信販売を行うアールエスコンポーネンツは2015年6月10日、無償3次元CADツール「DesignSpark Mechanical」用の拡張モジュール2点の販売開始を発表した。

 今回、販売を開始した拡張モジュールは、他社製3次元CADとのデータ連携を可能にする「Exchange」、2次元図面作成機能を充実させた「Drawing」の2つである。

 Exchangeは、業界標準の3次元ファイル形式「STEP」「IGES」のインポート/エクスポートに対応し、DesignSpark Mechanical上での形状編集を実現する拡張モジュール。これにより、「SOLIDWORKS」「CATIA」「Pro/ENGINEER」「AutoCAD」などの他社製3次元CADとの設計データの受け渡しが可能となる。具体的には、コンセプト設計やラピッドプロトタイピングで作成したDesignSpark Mechanicalのデータを製品設計用の3次元CADに流用したり、過去の製品設計データをDesignSpark Mechanical側に取り込み再利用したりすることができるという。また、外部業者からの設計データをDesignSpark Mechanical上で確認・修正するといった利用も可能になる。

Exchange 「DesignSpark Mechanical」の拡張モジュール「Exchange」の利用イメージ(※出典:アールエスコンポーネンツ)

 一方のDrawingは、DesignSpark Mechanicalで作成した3次元モデルを基に、2次元図面の作成・編集が行える拡張モジュールだ。JIS、ISO、ANSI規格に準拠し、幾何公差や注記、引き出し線などの詳細な注釈入り図面の作成が行えるという。また、2次元図面上のパラメータを変更すると、3次元モデル形状がリアルタイムに変更する機能も備えるため、2次元CADを使い慣れた設計者などが簡単に形状編集が行える。

Drawing 「DesignSpark Mechanical」の拡張モジュール「Drawing」の利用イメージ(※出典:アールエスコンポーネンツ)

 両製品の販売価格(税別)はいずれも10万100円。両製品がセットになった「Bundle」の販売価格(同)は12万4700円である。なお、利用にはDesignSpark Mechanicalの最新バージョン「2.0」が必要となる。

つながる、広がる、モノづくり――。「3Dモデラボ」

3Dモデラボ
3Dモデルデータ投稿・共有サービス「3Dモデラボ」。3Dモデルデータを共有し、

モノづくりの楽しさをシェアしよう!!


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.