ニュース
» 2015年06月11日 10時00分 UPDATE

DMS2015開催直前! ブース出展情報:3Dプリンタの無限の可能性をアピールするアルテック

アルテックは「第26回 設計・製造ソリューション展(DMS2015)」に出展。まだ3Dプリンタを活用していない来場者に向け、デザイン検証や試作開発だけでなく、最終製品を直接生産(DDM)することもできる3Dプリンタのメリットを訴求する。

[MONOist]

 2015年6月24〜26日の3日間、東京ビッグサイトで「第26回 設計・製造ソリューション展」(以下、DMS2015)が開催される。産業機械・機器商社で、Stratasys社製3Dプリンタの日本販売代理店を務めるアルテックは、「アルテックから広げよう! 3Dプリンタの無限の可能性!」をテーマに掲げ、DMS2015に出展する。

 一時的な3Dプリンタブームも落ち着きをみせ、いよいよ3Dプリンティング技術を活用した革新的な製造プロセスの構築が行える時代に突入しようとする中、アルテックはまだ3Dプリンタを活用していない来場者に向けて、デザイン検証や試作開発だけでなく、治具や部品などの最終製品を直接生産(DDM:ダイレクトデジタルマニュファクチャリング)することもできる3Dプリンタのメリットを訴求。前回のDMS2014では、Stratasys社との合同ブースという形で出展したが、「今回はアルテック色をより強め、独自のDDMサービスの案内や導入企業による活用事例などを分かりやすく紹介する」(同社)という。

Stratasys社製3Dプリンタの新製品「Fortus450mc」 Stratasys社製3Dプリンタの新製品「Fortus450mc」(※出典:アルテック)

 アルテックのブースでは、Stratasys社製3Dプリンタの新製品「Fortus450mc」やマルチマテリアルカラー対応の「Objet Connex3」を中心に、Stratasys社製3Dプリンタの全ラインアップをそろえて実機デモを行う。また、それぞれの機種を活用した活用事例の紹介と造形サンプルの展示も行うという。

 さらに、国内製造業へのDDMの確立と幅広い分野でのDDMの普及を目指し、リコーと発表した製造現場向け3Dプリントサービス「RICOH Advanced Direct Manufacturing Services」についても紹介(関連記事:アルテックとリコー、3Dプリンタを活用したDDMのメリットを訴求)。設計製造のプロによるコンサルティング、3Dプリンタの特長を生かした設計、3Dプリンタによる造形・加工までを完全サポートする同サービスの利点を詳しく知ることができる。

RICOH Advanced Direct Manufacturing Services 「INTERMOLD 2015(第26回金型加工技術展)」に出展した際に行った「RICOH Advanced Direct Manufacturing Services」のサービス紹介展示

 「ここ数年で、3Dプリンタの認知度は非常に高まってきているが、まだまだ3Dプリンタを十分に活用し切れていない顧客や、業界・業種によっては3Dプリンタの活用方法やメリットが見いだせないでいるケースもある。アルテックのブースでは、3Dプリンタそのものの展示デモだけでなく、幅広い分野での活用事例や導入効果を示すことで、製造プロセスにおける課題解決や革新のためのヒントを発信する。ぜひ、3Dプリンタの無限の可能性をアルテックのブースで感じてもらいたい」(同社)。

第26回 設計・製造ソリューション展(DMS2015)

会期 2015年6月24〜6月26日 10:00〜18:00※最終日のみ17:00終了

会場 東京ビッグサイト

[ブース情報]アルテック

東3ホール 3Dプリンターゾーン 東5-30:アルテックブース


第26回 設計・製造ソリューション展(DMS2015)特集

>>↑↑↑特集ページはコチラから↑↑↑<<

関連キーワード

3Dプリンタ | Stratasys


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.