ニュース
» 2015年06月11日 12時00分 UPDATE

3Dプリンタニュース:国産機で最大の造形サイズを実現する光造形3Dプリンタ

ディーメックは、光造形3Dプリンタ「ACCULASシリーズ」の最新機種である「BA-85S」の販売開始を発表。国産機で最大となる850×650×300〜500mmの造形サイズを実現するという。

[八木沢篤,MONOist]

 JSRの100%子会社で光造形3Dプリンタや光造形用樹脂を手掛けるディーメックは2015年6月10日、光造形3Dプリンタ「ACCULASシリーズ」の最新機種である「BA-85S」の販売開始を発表した。

 同製品は、国産機で最大となる850×650×300〜500mmの造形サイズを実現する光造形方式の3Dプリンタで、国産機ならではの利用のしやすさを意識した仕様・設計を採用。自動車部品や家電部品などへ展開に加え、小型造形品の量産にも活用できるという。

 積層ピッチは50〜200μmで、レーザー出力は1000〜1200mW@40〜60kHz。同製品の本体サイズは1900×1200×2100mmである。造形精度を決めるレーザー出力や照射速度などのパラメーターは利用者が任意で設定可能。造形用の光硬化性樹脂は、同社が取り扱う高靱性・高耐熱などの特性を持った樹脂を利用できる。

ACCULASシリーズ ACCULASシリーズの最新機種「BA-85S」(※出典:JSR/ディーメック)

 3Dプリンタをはじめとする成形技術市場は、ラピッドプロトタイピングから、実際の製品を製造するラピッドマニュファクチャリングへと大きく成長しつつある。そうした中、同社は、光造形システム、光成形システム、光造形樹脂など、幅広い製品と技術を提供することで、3次元造形ニーズに応えていきたい考えだ。

 同社は、同年6月24〜26日の3日間、東京ビッグサイトで開催される「第26回 設計・製造ソリューション展(DMS2015)」に出展し、同製品を披露するという。


第26回 設計・製造ソリューション展(DMS2015)特集

>>↑↑↑特集ページはコチラから↑↑↑<<

つながる、広がる、モノづくり――。「3Dモデラボ」

3Dモデラボ
3Dモデルデータ投稿・共有サービス「3Dモデラボ」。3Dモデルデータを共有し、

モノづくりの楽しさをシェアしよう!!


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.