ニュース
» 2015年06月13日 07時00分 UPDATE

工場ニュース:軟包材生産のマザー工場を本格稼働、国内外での包装材事業拡大のため

凸版印刷は、ハイバリア軟包材を中心に最先端の包装材を製造する「群馬センター工場」の本格稼働を開始した。関東圏での生産体制を強化し、包材生産拠点のマザー工場として、安定的に包装材を供給していく。

[MONOist]

 凸版印刷は2015年5月22日、国内外の軟包材生産のマザー工場となる「群馬センター工場」(群馬県邑楽郡明和町)の本格稼働を開始した。新技術・新製品の開発を推進し、海外市場へも展開することで、包装材事業の拡大を図る。

 今回稼働を開始した群馬センター工場では、独自開発の透明バリアフィルム「GLフィルム」を活用したハイバリア軟包材を中心に、食品やヘルスケア、産業資材など、さまざまな用途・製品に使用される最先端の包装材を製造。関東圏での生産体制を強化するとともに、包材生産拠点のマザー工場として、安定的に包装材を供給していく。また、高度なFAシステムの導入により、生産性・品質の向上を目指すという。

 新工場の延床面積は7万899m2で、2014年4月に完工し、同年11月には国際的な食品安全システム「FSSC 22000」認証を取得。さらに、VOC循環システムによる液化VOCの燃料利用・再利用の他、コージェネレーションシステムによる自家発電や廃熱利用などにより、環境への負荷を低減する取り組みを行うとしている。

photo 群馬センター工場の外観

FAメルマガ 登録募集中!

famerumaga

MONOist FAフォーラムのメールマガジンの配信を2014年7月よりスタートしました。FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.