Special
» 2015年06月15日 10時00分 UPDATE

未来を見つめ、過去に手厚く――AMDのEmbeddedが選ばれる理由

高信頼や長期供給などを求められる組み込み業界においてもAMD製品は存在感を増しており、今ではHMIからマシンビジョン、IoTゲートウェイなど幅広く採用されている。同社CEOの発言や最新ロードマップ、現在の製品構成などから“なぜAMDが組み込みで選ばれるのか”をひもといてみよう。

[PR/MONOist]
PR

 PC向けx86 CPUベンダーとしての印象が強いAMDだが、その印象は大きく変わろうとしている。それを印象づけたのが、2015年5月に米ニューヨークの証券取引所(NASDAQ)において同社の開催した投資家向け会議「2015 AMD Finacial Analyst Day」でリサ・スーCEOが示した企業戦略だ。

 会場ではハイパフォーマンスPC向けx86 CPUに導入される新アーキテクチャ「Zen」や、広帯域メモリ技術のHBM(High Bandwidth Memory)を採用するハイエンドGPUなど、多くの製品とロードマップが発表され耳目を集めたが、全製品を通じて強く主張されていたのは「効率(Performance/Watt)の高さ」である。

photo

 Zenアーキテクチャを採用した新CPUは既存ExcavatorコアのCPUに比べて、クロックあたりの命令実行性能(IPC:Instruction Per Clock)を40%前後高めることを可能にしており、また、他社に先駆けてHBMを採用する新GPUの消費電力あたりのパフォーマンスは現在グラフィックスカードで主流のGDDR5に比べて3倍に、消費電力は半分以下に抑えることを可能にする。

 IPCの向上や消費電力の低減といった新製品群の特徴は、そのまま組み込み機器向け製品にも反映されており、日本AMD エンベデットセールス セールスエンジニアリング担当マネージャーの岩佐英敏氏は「2020年までに、既存のAMD Rシリーズに比べて電力効率を25倍に高めた組み込み向け製品を投入する」と、近年同社が注力する組み込み機器向け製品についても、より電力効率の高い製品を投入するとしている。

 組み込み機器の領域ではその業務業態に応じてCPUにさまざまな要件が求められるが、「IoT(Internet of Things)」や「Industrial Internet」「Industry 4.0」といったビックデータの収集と活用がカギになる用例の場合、センサーから集められたデータをクラウドに送る中間に位置するゲートウェイには、高い処理能力と低消費電力性が求められる。

 AMDの組み込み機器向けプロセッサ「AMD Rシリーズ」「AMD Gシリーズ」は搭載する強力なGPUにより3D CADやHMI(Human Machine Interface)などを活用する事例やマシンビジョンに強みを発揮するが(もちろんGPUなしの製品も用意されている)、次期製品ではこうした用途に加え、より高い処理能力と低消費電力性を兼ね備えることで「IoTゲートウェイとして集約したデータの処理、さらにはHMI他における並列処理の適用などにも強みを発揮する」(岩佐氏)と、同社ならではの強みを広範囲に発揮することが予告されている。

photo AMDの組み込み製品がカバーする、産業機器の範囲は非常に広い。小型のHMI機器から産業機器向けPC、IoTゲートウェイ、測定装置、マシンビジョンサーバまでをカバーする

 Industrial Internetの中心的なプレーヤーである米GEでは既にAMD Gシリーズを搭載した製品「mCOM10-L1500」を発表しており、GE Intelligent PlatformsのCOM Express担当グローバル・プロダクト・マネージャーを務めるトミー・スウィガート氏は「インダストリアル・インターネットは世界中でビジネスを変革しています。インダストリアル・インターネットの継続的な発展は単独企業による努力や投資ではなく、むしろ企業間の連携によって実現します。当社のmCOM10-L1500は『AMD Embedded Gシリーズ』のテクノロジーによる機能性とパフォーマンス特性の組み合わせで、お客様の要求を満たす製品開発を可能にします」とのコメントを寄せている。

 AMDが組み込み向け製品において、未来に対しては性能と消費電力のバランスを追求している事を、米GEも賛同していることがお分かり頂けたかと思うが、ライフサイクルの長い組み込み機器においては過去へのサポート、つまり製品の長期供給と長期サポートも強い要望として存在する。

 供給においては「量産開始から10年間の供給」をコミットしており、ボードベンダーの在庫なども勘案すれば実質的には10年以上の供給が約束されると考えていい。サポートについても同様の長期供給体制が構築されているが、過去資産の活用という意味ではPCIやISAバスといったレガシーな技術への対応が継続されていることも注目に値する。

 実際、組み込み業界のベンダーからはレガシーインタフェースや既に新規供給が行われていないOS(サポートのみのフェーズに入っている)への対応が要望として寄せられることも多く、同社では最新製品の投入のみならず、既存製品の安定した供給も重点施策として認識し、実行しているという。

 未来を見据えた製品展開を行いつつ、「信頼性」「長期供給・長期サポート」「要求コストへの適合」といった組み込みならではの要望に応え続けるAMD。既に同社の手掛けるビジネスの40%以上が組み込み機器を含む新ビジネスとなっており、それは現在も成長中だというが、それはまさに、“過去に手厚く、未来も見つめる”企業姿勢を反映していると言えるだろう。

この記事に興味のある方におすすめのホワイトペーパー:


AMD APUを利用したインダストリアル製品事例の紹介


APU対FPGA:スマートカメラの処理優位性をめぐる闘いを通じて次世代ビジョンシステム革新の転機にある設計効率、相互運用性、拡張性を紹介する。

▼ ▼ ▼

ay_ttimg.jpg


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:日本エイ・エム・ディ株式会社
アイティメディア営業企画/制作:MONOist 編集部/掲載内容有効期限:2015年7月14日