ニュース
» 2015年06月15日 07時00分 UPDATE

FAニュース:凹凸面・斜面・曲面に対応可能なハイブリッドマウンターを発表

ヤマハ発動機は、3次元射出成形回路部品への対応力を強化した、i-PULSE 3Dハイブリッドマウンター「S10」「S20」を発表した。新開発の鋳物フレームとチルト機構ユニット、Z軸ロングストロークにより、凹凸面・斜面・曲面に実装できる。

[MONOist]

 ヤマハ発動機は2015年5月28日、3次元射出成形回路部品への対応力を強化した、i-PULSE 3Dハイブリッドマウンター「S10」「S20」を発表した。スマートフォンやタブレット型端末、電気自動車、LED照明などに組み込まれる制御基板の3次元(立体的構造)実装に対応するもので、発売は同年9月1日の予定だ。

 S10/S20は、新開発の鋳物フレームとチルト機構ユニット、Z軸ロングストロークにより、凹凸面・斜面・曲面に実装できる。マウントヘッドとディスペンスヘッドを1軸ごとに仕様変更できる混在ヘッドにより、塗布と部品装着を交互に行うハイブリッド実装を可能にした。

 さらに、フィデューシャルマーク認識カメラのカラー化と新開発の照明ユニットを採用したことで、新たに塗布検査機能を追加。これにより、1台ではんだ塗布・塗布検査・部品搭載の工程に対応できる。

 ヘッドユニットは、6軸6θヘッドユニット(標準)と12軸2θヘッドユニット(オプション)の2種で、最大フィーダーレーン数は8mmテープ換算でS20が180品種、S10が90品種となる。最大基板対応サイズは1825×635mm(オプション)で、最小0201(0.25×0.125mm)の極小チップから最大120×90?までの部品が装着できる。

photo i-PULSE 3Dハイブリッドマウンター「S20」

FAメルマガ 登録募集中!

famerumaga

MONOist FAフォーラムのメールマガジンの配信を2014年7月よりスタートしました。FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.