ニュース
» 2015年06月15日 17時00分 UPDATE

ロボット開発ニュース:神奈川県が介護施設に装着型ロボット「HAL 介護支援用」を100台導入

神奈川県は県下30箇所の介護施設にサイバーダインの装着型ロボット「HAL 介護支援用(腰タイプ)」の試験導入を開始した。各施設に3台、研修用などをあわせて合計100台を導入する。

[渡邊宏,MONOist]

 神奈川県は県下30箇所の介護施設にサイバーダインの装着型ロボット「HAL 介護支援用(腰タイプ)」の試験導入を開始した。2015年6月12日に県が発表した「神奈川らくらく介護宣言」に基づくもの。

 この宣言は介護・看護職員の負担軽減と質の高いケア提供を目指すもので、取り組みの一環として介護現場へのロボット技術導入により介護・看護職員の定着を目的とする「職場処遇改善コンサルティング支援事業」が採択され、HALの試験導入となった。

 HAL 介護支援用(腰タイプ)は県内30施設に各3台導入される(加えて10台が研修用に導入)。受諾事業者は湘南ロボケアセンター。

関連キーワード

介護 | ロボット開発 | サイバーダイン


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.