ニュース
» 2015年06月16日 07時00分 UPDATE

FAニュース:基板振り分け機能搭載のクリームはんだ用スクリーン印刷機を発売

パナソニック ファクトリーソリューションズは、プリント基板に電子部品を実装する前工程で使用される、クリームはんだ用スクリーン印刷機「SPV」を発表した。基板振り分け機能により、生産形態に合わせた印刷スタイルが可能になる。

[MONOist]

 パナソニック ファクトリーソリューションズは2015年6月3日、プリント基板に電子部品を実装する前工程で使用される、クリームはんだ用スクリーン印刷機「SPV」を発表した。ラインアップはメイン機の「NM-EJP7A」と背面機の「NM-EJP8A」の2種で、同月から受注を開始した。

 SPVは、デュアルレーン生産に必要とされる基板振り分け機能を搭載し、ユーザーの生産形態に合わせた印刷スタイルを可能にした。また、振り分けコンベヤーが不要のため、工場スペースを有効に活用できる。

 また、印刷サイクル動作とマスククリーニング動作の並列処理により、クリーニングによるロス時間を削減している。毎回クリーニングでサイクルタイム10秒を可能にし、実装ラインの妨げにならない高速性を備えた。

 さらに、1枚のスクリーンマスクに表裏両面を製版することで、印刷機1台で表裏生産に対応できる。背面機を追加すれば、ノンストップ機種切り替えも可能。繰返し位置決め精度は±5.0μmとなっている。

photo スクリーン印刷機 SPV 外観写真(NM-EJP7A)
photo スクリーン印刷機 SPV 外観写真(NM-EJP7A+NM-EJP8A)

FAメルマガ 登録募集中!

famerumaga

MONOist FAフォーラムのメールマガジンの配信を2014年7月よりスタートしました。FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.