ニュース
» 2015年06月17日 07時00分 UPDATE

FAニュース:4つの専用機能で立ち上げ工数を削減するロボットビジョンを発売

パナソニック デバイスSUNXは、ロボットの立ち上げが簡単になる「ロボットビジョン イメージチェッカ PV260」を発売した。4つの専用機能により、ロボットの立ち上げ工数を大幅に削減できる。

[MONOist]

 パナソニック デバイスSUNXは2015年6月1日、ロボットの立ち上げが簡単になる「ロボットビジョン イメージチェッカ PV260」を発売した。ネジ締め、レンズ接着、ICのパレタイジングなどの卓上・直交・スカラロボットに対応し、生産性の向上に加え、ロボット立ち上げ・メンテナンス・品種変更などの工数削減が可能になるという。

 PV260は、オートキャリブレーション機能、ティーチング補佐機能、ロボットツールのオフセット機能、ダイレクト通信機能の4つの専用機能を搭載。オートキャリブレーション機能では、撮像座標を3、4カ所登録するだけでカメラ座標系をロボット座標系に変換でき、手動に比べて作業時間を短縮できる。

 また、ティーチング補佐機能では、撮像した画像を見ながら設定画面上でロボットのティーチング作業が可能。さらに、ロボットに取り付けたツールの座標を2点登録すると、自動計算でツール座標系をロボット座標系に変換するオフセット機能、各メーカーのロボットと直接通信できるダイレクト通信機能により、ロボットの立ち上げ工数を大幅に削減できる。

 キーパッドによるロボットの操作も可能で、オートキャリブレーションやティーチング補佐などの撮像位置の調整も容易にできる。設定ソフト「PVWIN260」では、ロボットビジョンとしての検査結果をPC上で再現することも可能となっている。

photo ロボットビジョン イメージチェッカ PV260

FAメルマガ 登録募集中!

famerumaga

MONOist FAフォーラムのメールマガジンの配信を2014年7月よりスタートしました。FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.