ニュース
» 2015年06月17日 16時00分 UPDATE

3Dプリンタニュース:PTCとストラタシスが協業、設計から3Dプリントまでをシームレスに

PTCとストラタシスは、設計ソフトウェア「PTC Creo」とストラタシス製3Dプリンタの連携を強化し、設計から3Dプリントまでのシームレスなワークフローを実現する統合ソリューションの提供を目指して協業を発表した。

[八木沢篤,MONOist]

 PTCジャパンは2015年6月17日、PTCとストラタシスの協業を発表。PTCの設計ソフトウェア「Creo」とストラタシスの3Dプリンタ製品の連携を強化し、設計から3Dプリントまでのシームレスなワークフローを実現する統合ソリューションの提供を目指すという。

 両社は、設計者や製造エンジニアに対して、アディティブマニュファクチャリング(AM)活用のための環境を提供することで、自由な形状、機能性部品、少量生産、オンデマンド製造、カスタム製品の製造などを実現できるAM技術の有用性を広く認知・普及させたい考えだ。

 AMプロセス全体を通じて、シームレスに設計、最適化、検証、製造できることを目指し、まず、設計から3Dプリントまでのシームレスなワークフローを「Creo 3.0」で提供を開始。ストラタシスの3Dプリンタと組み合わせて利用することで、ファイル準備、プリント最適化、プリント実行などの作業を、効率的にCreo環境から行えるようになるという。

 今回の統合ソリューションに対応した、ストラタシスの最初の3Dプリンタは、マルチカラー/マルチマテリアル対応の「Objet500 Connex3」だ。同機種は、複数色の製品を、複数の異なる物性を持つ素材でプリントすることが可能なハイエンド3Dプリンタ。今後、Creoとの統合ソリューションに対応した3Dプリンタ製品のラインアップを拡充していく予定だという。

マルチカラー/マルチマテリアル対応の「Objet500 Connex3」 マルチカラー/マルチマテリアル対応のハイエンド3Dプリンタ「Objet500 Connex3」(ストラタシス製)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.