ニュース
» 2015年06月18日 07時00分 UPDATE

FAニュース:装置の小型化が可能なガルバノスキャニング式レーザー溶着機を発売

パナソニック デバイスSUNXは、ガルバノスキャニング式レーザー溶着機「VL-W1シリーズ」を発売した。高性能ファイバーレーザーを搭載し、高品質な樹脂溶着を可能にした。

[MONOist]

 パナソニック デバイスSUNXは2015年6月1日、ガルバノスキャニング式レーザー溶着機「VL-W1シリーズ」を発売した。自動車部品や電機部品などの樹脂部品の接合用途に向ける。

 VL-W1シリーズは、同社独自の高性能ファイバーレーザーを搭載したことで、高品質な樹脂溶着を可能にした。レーザーヘッドには、レーザー光を走査するガルバノミラーを内蔵。ヘッド自体を動かすスカラロボットやXYステージが必要がないため、装置の小型化・簡素化に対応できる。

 ヘッド内部には、溶着中のレーザー光をモニタリングできる高性能パワーモニターを搭載し、溶着した製品ごとのレーザー出力推移の記録・管理ができる。また、レーザー出力監視により、レーザーの異常出力が発生した場合には、装置を瞬時に停止できる。

 ラインアップはレーザー発振器出力50Wの「VL-W1500」と100Wの「VL-W1A00」の2種で、価格はオープン。いずれも、加工範囲(X、Y)は200×200mm、スキャンスピードは最大で秒速3000mmとなっている。

photo ガルバノスキャニング式レーザー溶着機 VL-W1
photo ガルバノスキャニング式の採用
photo ファイバーレーザー搭載
photo 高性能パワーモニター内蔵
photo LCD搭載コンソール

FAメルマガ 登録募集中!

famerumaga

MONOist FAフォーラムのメールマガジンの配信を2014年7月よりスタートしました。FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


関連キーワード

FA | パナソニック | FAニュース


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.