ニュース
» 2015年06月18日 06時00分 UPDATE

エコカー技術:「ランドクルーザープラド」がクリーンディーゼル搭載、最大トルクは450Nm

トヨタ自動車が、SUV「ランドクルーザープラド」を一部改良した。今回の改良における最大の特徴は、新開発の排気量2.8l(リットル)クリーンディーゼルエンジン「1GD-FTV」搭載モデルの追加である。

[朴尚洙,MONOist]

 トヨタ自動車は2015年6月17日、SUV「ランドクルーザープラド」を一部改良し、同日から全国のトヨタ店を通じて販売を開始したと発表した。今回の改良における最大の特徴は、新開発の排気量2.8l(リットル)クリーンディーゼルエンジン「1GD-FTV」搭載モデルの追加である。税込み価格は、1GD-FTV搭載モデルが396万4582〜513万3927円、排気量2.7l(リットル)の自然吸気ガソリンエンジン「2TR-FE」搭載モデルが334万9963〜395万6727円。

 ランドクルーザープラドは2002年10月発売の3代目モデルでは、ディーゼルエンジン搭載モデルをラインアップしていた。しかし、厳格化する国内の排出ガス規制に対応するため、2007年7月でディーゼルエンジン搭載モデルの販売を終了。その後、トヨタ自動車が国内で販売する乗用車からディーゼルエンジン搭載モデルは消えていた。今回の一部改良により、トヨタ自動車は約8年ぶりに、ディーゼルエンジン搭載の乗用車の国内販売に踏み切ることになる。

「ランドクルーザープラド」の外観 「ランドクルーザープラド」の「1GD-FTV」を搭載する最上位グレード「TZ-G」の外観(クリックで拡大) 出典:トヨタ自動車
「1GD-FTV」の外観 「1GD-FTV」の外観(クリックで拡大) 出典:トヨタ自動車

 1GD-FTVは、「世界初」(同社)という「TSWIN(Thermo Swing Wall Insulation Technology)」を採用したピストンによる次世代の高断熱ディーゼル燃焼技術、新世代ソレノイドインジェクター、専用開発した高効率の空冷インタークーラー式ターボチャージャーを採用。低回転でも高トルクを発揮できる圧倒的な動力性能を備えるとともに、良好な燃費と排出ガスの低減を実現している。最高出力は130kW(3400rpm)、最大トルクは450Nm(1600〜2400rpm)。最大トルクは、一部改良前までラインアップしていた排気量4.0lのガソリンエンジン「1GR-FE」の380Nm(4400rpm)を上回る。

 圧縮比も15.6に低減されており、JC08モード燃費は11.8km/lを達成した。また、新開発の尿素SCR(選択触媒還元)システムにより、ディーゼルエンジンから排出されるNOxの排出量をポスト新長期規制に適応させている。これにより、「クリーンエネルギー自動車等導入促進対策費補助金(CEV補助金)」における「クリーンディーゼル車」の対象となった。自動車取得税などが減免されるエコカー減税に加えて最大24万円の補助金が得られるという。

「1GD-FTV」のエンジン性能曲線「1GD-FTV」のシステム構成 「1GD-FTV」のエンジン性能曲線(左)とシステム構成(右)(クリックで拡大) 出典:トヨタ自動車

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.