ニュース
» 2015年06月19日 07時00分 UPDATE

FAニュース:ネットワークベース生産システムの機能を強化し、通信コストを低減

横河電機は、ネットワークベース生産システム「STARDOM(スターダム)」の機能強化版を発売した。定周期通信の頻度を減らすことができ、全体のデータ量を削減し、通信コストを低減できる。

[MONOist]

 横河電機は2015年6月3日、ネットワークベース生産システム「STARDOM(スターダム)」の機能強化版を発売した。石油・天然ガスの開発・生産工程(アップストリーム工程)市場のニーズに対応するため、通信コストの低減と高信頼監視を両立する通信機能などが強化された。

 STARDOMは、同社の自律型コントローラー「FCN/FCJ」とSCADAソフトウェア「VDS」で構成される、ネットワークベースの制御システムとなる。今回、FCN/FCJをDNP3通信プロトコルのUnsolicited Responseに対応させ、必要なデータを必要なタイミングで、コントローラー側からSCADAに送信できるように通信機能を強化した。これにより、中央監視室の運転員が行う定周期のデータ収集による通信頻度を減らすことができ、全体のデータ量を削減し、通信コストを低減できるという。

 また、FCN/FCJに、新たに国際標準化機構のISO 5167に対応したガス流量演算機能を搭載。北米・南米で普及しているAGA(American Gas Association)規格に加え、ISO 5167に対応したことで、ガス流量管理のためにSTARDOMを導入できる範囲が拡大した。

 さらに、産業用ネットワークに採用されている通信プロトコルModbus/TCPに対応したネットワークでも、任意のポート番号を選択できるよう通信機能も強化している。外部からの不正な侵入を防ぐため、使用ポート番号に制限をかけるというユーザーのセキュリティポリシーに合った設定を可能にした。

photo STARDOM

FAメルマガ 登録募集中!

famerumaga

MONOist FAフォーラムのメールマガジンの配信を2014年7月よりスタートしました。FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


関連キーワード

ネットワーク | FA | 横河電機 | FAニュース


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.