ニュース
» 2015年06月23日 08時00分 UPDATE

医療機器ニュース:血糖値測定システム事業を買収へ、糖尿病ケア事業の体制を強化

パナソニック ヘルスケアホールディングスは、独Bayerの糖尿病ケア関連事業を買収すると発表した。Bayerの子会社であるBayer HealthCare傘下のバイエルダイアベティスケア事業を10億2200万ユーロ(約1380億円)で取得する。

[MONOist]

 パナソニック ヘルスケアホールディングス(以下、PHCHD)は2015年6月10日、独Bayer Aktiengesellschaft(以下、Bayer AG)の血糖測定器などの糖尿病ケア関連事業を買収すると発表した。Bayerの子会社であるBayer HealthCare傘下のバイエルダイアベティスケア(以下、BDC)事業を、10億2200万ユーロ(約1380億円)で取得する。

 BDCは、糖尿病患者および医療従事者向けに、血糖値測定システムを提供する企業。Bayer AGとして125カ国以上で事業を展開し、2014年の売上高は9億900万ユーロとなっている。PHCHD傘下のパナソニック ヘルスケア(以下、PHC)とは、製品販売パートナーの関係にあり、同社の「Contour Next」および「Contour」シリーズを独占販売している。

 今回の買収によりPHCHDでは、PHCの高品質でコスト競争力を備えた開発製造機能と、BDCのグローバルな販売網を統合させ、変革期にある糖尿病ケア分野において、高品質で安価な製品を提供する体制を強化できるとしている。

 なお買収は、独占禁止法抵触の有無を含む関係当局の承認などを前提とし、2015年度第4四半期中に完了する見込み。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.