ニュース
» 2015年06月23日 11時00分 UPDATE

組み込み開発ニュース:AMD組み込み向けSoC、Samsungの液晶一体シンクライアントに採用

AMDの組み込み機器向けSoC「AMD Embedded Gシリーズ」が、Samsung Electronicsのディスプレイ一体型シンクライアントの新製品に採用された。

[渡邊宏,MONOist]

 米AMDは2015年6月18日(現地時間)、同社の組み込み機器向けSoC「AMD Embedded Gシリーズ」が、Samsung Electronicsのディスプレイ一体型シンクライアントの新製品に採用されたと発表した。

 Samsung Electronicsのシンクライアント新製品「TC222W」「TC242W」は、フルHD解像度のディスプレイに、いずれもx86ベースのCPUを搭載したAMD Embedded GシリーズのSoC「AMD GX222 APU」(2.2GHz デュアルコア)を組み合わせる。OSはWindows Embedded Standard 7の32/64bit版が選択できる。

photo 液晶ディスプレイ一体型シンクライアント「TC242W」

 メインメモリは4Gバイトで、ストレージは32GバイトのSSD。ディスプレイサイズはTC222Wは21.5型、TC242Wは23.6型。両製品の出荷は2015年第3四半期が予定されている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.