ニュース
» 2015年06月24日 18時27分 UPDATE

DMS2015:2台目需要狙う高速・高精細3Dプリンタ「Creatr HS」を参考出品

リコーは「第26回 設計・製造ソリューション展(DMS2015)」(会期:2015年6月24〜26日)に出展し、オランダのLeapfrogが開発した熱溶解積層方式3Dプリンタ「Creatr HS」を参考出品した。

[八木沢篤,MONOist]

 リコーは2015年6月24〜26日の3日間、東京ビッグサイトで開催されている「第26回 設計・製造ソリューション展(DMS2015)」に出展し、オランダのLeapfrogが開発した熱溶解積層(FDM)方式3Dプリンタ「Creatr HS」を参考出品した。

 Creatr HSは、デュアルヘッドのデスクトップ3Dプリンタで、最大造形サイズは270×290×180mm。積層ピッチは0.02〜0.35mmと高精細で、造形速度は30〜300mm/sと高速である。対応するフィラメントは、ABS樹脂とPLA樹脂。本体サイズは468×633×523mmで、重さ32kgである。

 「リコーは国内で、Stratasysや3D Systems、ムトーエンジニアリングの3Dプリンタを取り扱っており、ハイエンドクラスからエントリークラスまで幅広くラインアップしている。2015年1月にRicoh EuropeがLeapfrog製3Dプリンタの取り扱いを開始したことを受け、今回Creatr HSを参考出品することになった」(説明員)。

参考出品 リコーが参考出品したオランダLeapfrog製3Dプリンタ「Creatr HS」

 Creatr HSのターゲットは、ハイエンド3Dプリンタの導入済み企業の設計者だという。「設計現場では、ハイエンド3Dプリンタを利用するのに順番待ちが発生するケースがよくある。設計者のデスクの横に置いて気軽に使ってもらいたい」と説明員。現在、ABS/PLA以外の素材も試験中で、今後対応フィラメントも増えていく可能性があるとしているが、残念ながら「国内への展開は検討中でまだ決まっていない」(説明員)とのことだ。

スペック表出力サンプル (左)「Creatr HS」のスペック表/(右)出力サンプル ※画像クリックで拡大表示

第26回 設計・製造ソリューション展(DMS2015)特集

>>↑↑↑特集ページはコチラから↑↑↑<<

関連キーワード

ABS樹脂 | PLA樹脂 | 3Dプリンタ | FDM/FFF


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.