ニュース
» 2015年06月26日 07時00分 UPDATE

FAニュース:システムの構築・導入期間を短縮する高度制御ソリューションを開発

横河電機はシェルと共同で、次世代の高度制御ソリューション「Platform for Advanced Control and Estimation」を開発した。多変数モデル予測制御やソフトセンサーなどを同一のプラットフォーム上で構築・運用できる。

[MONOist]

 横河電機は2015年6月5日、シェルと共同で開発した、次世代の高度制御ソリューション「Platform for Advanced Control and Estimation」を発売した。石油・石油化学・化学・ガス・電力などの連続プロセスを持つプラントにおける高度制御に対応し、システムの構築・導入期間の短縮、保守性が向上するという。

 今回開発された制御ソリューションは、シェルがプラント操業で培った高度制御技術と、横河電機のリアルタイム制御技術を生かして開発されたソフトウェアパッケージとなる。多変数モデル予測制御の他、ソフトセンサー、生産制御システムとのインタフェース、各種演算機能などの必要なシステムを同一のプラットフォーム上で構築・運用できる。

 プロセスの動特性応答モデルの構築時には、機器への操作出力によって関連するプロセス値がどう変化するかのテストを長時間行うが、同ソリューションでは、同テストを自動で行うことが可能。また、動特性応答データから得たモデルの評価結果が表示され、最適なモデルを選択できるため、エンジニアリングの期間を短縮できる。

 さらに、高度制御システム全体を見渡せる画面、装置・制御対象ごとの状況を監視できる画面など、階層化した表示画面を標準で装備。エンジニアリングを簡素化し、操作性を向上させた。稼働状態を一目で認識できる表示も備え、システム導入後の操業条件の変更や設備の経年変化による導入効果の低下も把握できる。

photo 高度制御ソリューションの画面例

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.