ニュース
» 2015年06月29日 07時00分 UPDATE

FAニュース:ファイバーレーザー加工機を10機種に拡充、生産体制も強化

三菱電機は、板金加工のさまざまなニーズに対応するため、ファイバーレーザー加工機のラインアップを拡充し、同年度の生産台数を150台に拡大すると発表した。出力・ワークサイズ別に、2機種から10機種に増加させる。

[MONOist]

 三菱電機は2015年6月11日、板金加工のさまざまなニーズに対応するため、ファイバーレーザー加工機のラインアップを拡充し、同年度の生産台数を150台に拡大すると発表した。出力・ワークサイズ別に、2機種から10機種に増加させる。

 同社では、ファイバーレーザー発振器を搭載した「NX-Fシリーズ」を2012年度に発売。今回、世界各国の電力価格高騰を背景にしたファイバーレーザー加工機の需要拡大などを受け、6kW級を4機種、4kW級を3機種、2kW級を1機種追加した。

 また同時に、名古屋製作所の生産ラインを増強。2016年度には、レーザー加工機の販売台数のうち、ファイバーレーザー加工機が占める比率を30%へ拡大するとしている。

FAメルマガ 登録募集中!

famerumaga

MONOist FAフォーラムのメールマガジンの配信を2014年7月よりスタートしました。FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.