ニュース
» 2015年06月30日 07時00分 UPDATE

FAニュース:サーボドライバ・ステッピングモーターのセットシリーズを発売

シナノケンシは、サーボドライバとステッピングモーターをセットにした「CSB-BZシリーズ」を発表した。ステッピングモーターとサーボ技術を組み合わせることで、起動・停止時の高トルク、低振動・低騒音、低発熱による省エネを強化した。

[MONOist]

 シナノケンシは2015年6月17日、標準品モーターとドライバを提案する「Plexmotion(プレクスモーション)」として、新たにサーボドライバとステッピングモーターのセット「CSB-BZシリーズ」を発表した。各種研究実験装置や工場向け設備、半導体製造装置、基板搭載用設備などの用途に向ける。

 CSB-BZシリーズは、サーボドライバとステッピングモーターをセットにしたシリーズとなる。ステッピングモーターとサーボ技術を組み合わせることで、起動・停止時の高トルク、低振動・低騒音、低発熱による省エネを強化した。

 また、サーボドライバを採用したことで、従来品比約1.5倍という低速域での瞬間的な高トルクを可能にした。ステッピングモーターの駆動には、ベクトル制御技術を適用することで、モーター動作時の騒音・振動を従来品比約−18dBまで低減した。

 さらに、負荷に応じた電流制御により、モーターの温度上昇を大幅に抑えることができる。従来品では固定子表面100℃だったものが、同条件で26℃と低発熱のため、密閉された空間の用途にも対応できるという。

 ドライバには、幅17.6mmの薄型形状ドライバを採用。多軸のモーター駆動を複数のドライバで制御する場合でも、より多くのドライバを収めることができる。

 ラインアップは「CSB-BZ42D3E」「CSB-BZ60D3E」の2種で、モーター・ドライバ・ケーブルをセットにした価格(税別)は、それぞれ4万9900円、5万3900円となっている。

photo

FAメルマガ 登録募集中!

famerumaga

MONOist FAフォーラムのメールマガジンの配信を2014年7月よりスタートしました。FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.