ニュース
» 2015年07月01日 09時00分 UPDATE

キャリアニュース:転職相談の3人に1人は「転職すべきでない人」

転職コンサルタントを対象に行ったアンケートで「転職を検討している3人に1人は転職せずに現職にとどまるべき」と感じている転職コンサルタントが多いことが分かった。

[MONOist]

 「面談に来る3人に1人は転職するべきでない人」――。エン・ジャパンが2015年6月24日に発表した転職コンサルタント対象のアンケート結果で、「転職相談をした方の何割が転職せずに今の仕事にとどまるべきだと思いますか?」の問いに42%が「3割以上」と回答したことが明らかになった。

 同社が運営する人材紹介会社集合サイト「エン転職コンサルタント」の中で、転職コンサルタント172人を対象に行った「転職すべき人・現職にとどまるべき人」についてのアンケート結果によるもの。終身雇用制度が崩れつつある中、1つの会社にとどまらずキャリアを積むために転職をするということが一般的になってきたが、転職を検討している3人に1人は転職せずに現職にとどまるべき、と感じている転職コンサルタントが多いことが今回の調査で分かった。

photo 転職コンサルタントの42%が「面談に来る3人に1人は転職するべきでない人」と証言

 また、コンサルタントの多くは「安易な転職をするべきではない」という点をアドバイス。「明確な課題があり、それを解決する最終手段なので、安易に転職という手段を選ぶべきではない」「『何のための転職か』を書き出して、冷静に考えること」といった指摘があった。

転職すべきかの見極めに必要なのは「キャリアの棚卸し」と「キャリアプランの見直し」

 転職すべきか現職にとどまるべきかを見極めるための方法としては、多くのコンサルタントが「キャリアの棚卸しを行い、キャリアプランを見直す」(65%)を勧めている。「今の職場での課題を解決するために努力をする」「キャリアの棚卸しをする」「転職エージェントに相談する」という3点を押さえることが、転職成功のカギになるといえそうだ。

photo 自身が転職すべきか現職にとどまるべきかを見極めるには、何をすればいいと思いますか。(複数回答可)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.