ニュース
» 2015年07月01日 16時43分 UPDATE

電子工作:“スマートDIYキット”「MESH」一般販売が開始

これまでクラウドファンディングにて提供されていたソニーの“スマートDIYキット”「MESH」、この一般販売が開始された。

[渡邊宏,MONOist]

 ソニーが開発し、これまでクラウドファンディングにて提供されていた“スマートDIYキット”「MESH」の一般販売が開始された。同社が開設したクラウドファンディングとEコマースのサービスを兼任するサイト「First Flight」での販売で(決済は「First Flight on Yahoo!ショッピング」)で、価格は5980円より。

 MESHはブロック状の電子タグ(MESHタグ)と身の回りのモノを組み合わせ、“ハードウェアを簡単にハッキングすること”を目的に開発された電子工作キット。MESHタグは動きを検出する「Move」、ボタンを備えた「Button」、さまざまな色に光る「LED」、他のセンサーやモーターに接続できる「GPIO」の4種が用意されており、MESHタグの間はBluetoothで通信が行われる。

photo

 利用に際してプログラミングの知識は必要なく、iPad用アプリ「MESHキャンバス」でMESHタグをドラッグ&ドロップするだけでさまざまな動きを設定できる。なおMESHキャンバスは現在、英語版のみの提供となっているが、FAQでは要望を踏まえながら日本語版も検討するとしている。

 MESHの使い方はアイデア次第。MESHのWebサイトではMoveタグをゴミ箱のふたに取り付けて「しゃべるゴミ箱」を作ったり、MoveタグとLEDタグを組み合わせてドアノックを別フロアの家族にLEDの光りとして伝えたりといった使い方を紹介している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.