ニュース
» 2015年07月02日 20時00分 UPDATE

ロボット開発ニュース:アクティブリンク、腰部負担軽減に特化したロボットスーツを発売

パナソニック子会社のアクティブリンクは作業補助用の装着型ロボット「アシストスーツ AWN-03」を9月より販売開始する。腰部負担の軽減に特化、軽量化と低コスト化を図った。

[渡邊宏,MONOist]

 パナソニック子会社のアクティブリンクは2015年7月2日、作業補助用の装着型ロボット「アシストスーツ AWN-03」を同年9月より販売開始すると発表した。既存機「AWN-02」で得られた現場ノウハウを反映、同時に軽量化も実現した。

 基本機構はAWN-02と共通だが、腰部負担の軽減に特化、軽量化と低コスト化を図った。腰部の位置センサーによって「持ち上げ補助」や「荷物運送時の補助」などを感知、自動的に動作モードを切り替えて適切なアシストを行う。アルゴリズムの改良によって動きのスムーズさも増した。モーターの小型化やCFRPを使用した樹脂製ギアの採用などで、装着時のバランス最適化とアクチュエータの軽量化も実現している。

photo 「アシストスーツ AWN-03」 中腰の姿勢を維持することもできる

 AWN-03の想定する作業は重量物の積み卸し作業で、アシスト力は15kgf。稼働時間は約8時間とされている。本体重量は約6kg(バッテリー、ハーネス除く)。

photo 持ち上げアシスト時

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.