ニュース
» 2015年07月03日 11時00分 UPDATE

組み込み開発ニュース:月明かりでも撮影できる4K監視カメラ、ソニーが1型BSIセンサー搭載で

ソニーが1型センサーを搭載した同社初の4K対応ネットワークカメラを発売する。センサーを裏面照射型(SBI)にするなどの手法により、月明かり程度での明るさがあれば4Kで撮影できる。

[渡邊宏,MONOist]

 ソニーは2015年7月2日、1型センサーを搭載した同社初の4K対応ネットワークカメラ「SNC-VM772R」を同年8月20日より販売開始すると発表した。夜間でも鮮明な映像を撮影できるのが特徴で、監視や警備などの用途に向けて販売する。

 搭載する4Kセンサーには低照度環境に強い裏面照射型(Back Side Illumination:SBI)を採用し、夜の月明かり程度での明るさがあれば撮影できる、最低被写体照度0.06ルクスを実現した。センサー出力の最大解像度は3840x2160ピクセルと高く、注目したい部分をフルHD(1920×1080)で2つ、VGA(640×480)で4つ切り出して表示することも可能だ。

photo SNC-VM772R

 また、同一画面内で圧縮率を変えてエンコードする機能も備えており、画面内で注目したい部分は低圧縮、その他の部分は高圧縮と設定することで、ネットワーク帯域を最大約50%抑制(4K/30fps、注視点領域を30%指定時)こともできる。

photo 4Kからの切り出し
photo 一画面内での圧縮率変更が行える

 センサーの有効画素数は約2000万画素で、5472×3648ピクセルのJPEG静止画撮影も行える(静止画撮影は1440x960ピクセル/最大5fpsの動画撮影時に可能)。この他、完全な暗闇(照度0ルクス環境)でも赤外線照射によるモノクロ撮影が可能な赤外線照射機能や、逆光時の白飛び/黒ツブレを抑えるダイナミックレンジ機能、撮影設定の遠隔切り替え機能なども備えている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.