特集
» 2015年07月06日 06時00分 UPDATE

メイカーズバザール大阪 vol.2 リポート:「作りたいから作っちゃった」が面白い、大阪発メイカーズ

ラズパイでピザを焼き、段ボールで家作り。市場調査と販売予測を立てない、そんな“作りたいから作った”面白いモノがある。モノ作りを楽しむヒトが集まった、「メイカーズバザール大阪 vol.2」をご紹介。

[三月兎,MONOist]

 3Dプリンタやレーザーカッターで自作した作品、電子ガジェット、ギークな手芸、二足歩行ロボなど、オリジナル作品が集まった「メイカーズバザール大阪 vol.2」(2015年6月27日〜28日、大阪南港ATC)。出展コマ数は前回の約2倍になり、スケールアップして開催された。

 企業が製品を作るときには、市場調査から始まって販売予測を立てる。購入者がいないものを作っても、ビジネスにはならないからだ。けれども、そんな枠組みにとらわれず、「作りたいから作っちゃった」に面白いモノが多いのも事実。メイカーズバザールの会場に漂っていた自由で明るい雰囲気は、ホンネでモノ作りを楽しむ人たちが集まっているからだろう。

photo メイカーズバザール大阪 vol.2の会場

子どもも楽しめるワークショップ

 メイカーズというと、大人のデジタル文化祭という印象が強いが、今回は子ども向けのワークショップも開催されていた。英語でロボットプログラムを学ぶワークショップは、事前予約が2日で埋まるほどの人気だったという。

photo 英語でロボットプログラミングを学ぶ子どもたち。ロボットのセンサー値をチェック中(ダイセン電子工業)

 共立電子はモニターとキーボードをつなぐだけでBASICのプログラミングを始められる低価格マイコンボード「IchigoJam(イチゴジャム)のワークショップを実施していた。マイコンボードを使えばいろいろな工作を楽しめるが、「何ができるか」のイメージがつかめてないと、自由な工作にたどり着くことも難しい。

 そこでワークショップでは共立電子が販売するIchigojam用の自律走行車ベースキットを用意、接触センサーを使った「壁面自動回避カー」の制作を通じて、手軽にメカトロ・ロボット制御の基礎を学べる機会を提供していた。

photo IchigoJamを搭載した車両ベース

 BASICなのでプログラムもシンプルだ。前進させるだけならば、

OUT 1,1: OUT 2,0: OUT 3,0; OUT4,1:
WAIT 60
END

 と記述するだけで、自動回避カーが前進する。手軽なのは間違いない。IF文をやWhile文を使いこなせば、壁に接触したことを接触センサーで検知して方向を変え、室内を止まらずに動き回る「自動回避カー」を自分のプログラミングで生み出せる。

 とっかかりがこれだけカンタンだと、初心者でも気負わずにプログラムが始められると感じた。親子で自律カー(ロボットカー)を作って遊べは、子どもに「お父さん、すごい!」と尊敬してもらえるだろう。

ラズパイ2をWindows10 IoT Coreで動かす

 今、メイカーズの中でホットな話題といえば、最新OS「Windows 10」の組み込み版として用意され、Raspberry Pi 2でも動作する「Windows 10 IoT Core」だろう。2015年5月にWindows 10 IoT CoreのInside Previewがリリースされ、有志によるRaspberry Pi 2への導入が報告されている。

 メイカーズバザール大阪でブースを構えていた「IoTあるじゃん関西支部」でも、Raspberry Pi 2へWindows 10 IoT Coreをインストール、会場で披露していた。

photo Raspberry Pi 2へWindows 10 IoT Coreをインストール。「昨晩に最新版のWindows10 IoT Coreダウンロードしてインストールした」と話していた

 また初日の6月27日は「メイカーズのためのWindows 10 IoT Core + Azure」と題されたセミナーが開催され、日本マイクロソフト大田昌幸氏がIoT領域の世界観やメイカーズにマイクロソフトが提供するツールの全体像を説明した。

photophoto 「メイカーズのための Windows 10 IoT Core + Azure」

 Window 10 IoT Coreは単なる組み込み版Windowsではない。Window 10はシリーズ製品のOSでアプリケーション互換性を有するべく設計されており、 Raspberry Pi 2やGalileo 2でWindows 10 IoT Coreが動作するということは、Visual Studioの経験者がマイコン開発に自らの知見を注ぎ込めるという意味を持つ。

 次回のメイカーズバザールでは、Windows 10 IoT Coreを利用したどんなガジェットができくるか、とても楽しみだ。

こだわりの自作ガジェットが勢ぞろい!

 会場には、面白い自作ガジェットがたくさんあった。その中で、筆者のツボにはまったものをセレクトして紹介する。

photo Raspberry Piでピザ釜を制御。焼き上がったピザは大人気
photo レーザーカッターで切り出した部材を組み合わせて建築物を作成。来場者も一緒になって組み立てる。子どもたちが入って遊べる大きさのハウスができた
photo 3Dプリンタで出力された繊細な動物
photo スマートフォンと連動するオリンパスの“レンズだけカメラ”「OLYMPUS AIR A01」をレゴの車に搭載、撮影した動画をiPadに転送していた
photo 鍵を掛けると、旗が上がったり、煙が出たり。かわいい壁掛けキーホルダー
photo 本来は見守り用の人感センサーユニット「with U」を、子ども向けのゲームに活用。センサーに手をかざして、落ちてくるブロックを回転させる
photo レーザーカッターで、ノートの表紙をカッティングしてペンホルダーやふせんホルダーを作るアイデア

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.