ニュース
» 2015年07月07日 07時00分 UPDATE

FAニュース:岡山県に国内7カ所目のテクノロジーセンターを開設

ヤマザキマザックは、新たなサポート拠点として「瀬戸内テクノロジーセンタ」を岡山県に開設する。テクノロジーセンターとしては国内7カ所目となるもので、今夏に着工し、来春にオープンの予定。

[MONOist]

 ヤマザキマザックは2015年6月17日、新たなサポート拠点として「瀬戸内テクノロジーセンタ」を岡山県に開設することを発表した。同年夏に着工し、2016年春にオープンの予定となる。

 同社のテクノロジーセンターは、機械を展示するだけでなく、最新の工作機械による加工実演や加工技術・設備合理化の相談、機械購入後のトレーニングなど、購入前後のサービスも提供する施設となる。現在同社では、テクノロジーセンターやテクニカルセンターのサポート拠点を世界79カ所に設置。今回、新設される瀬戸内テクノロジーセンタは、国内7カ所目のテクノロジーセンターになるという。

 建設地の岡山県都窪郡早島町は、各高速道路の結節点と国道2号線に直結する交通の要所に位置し、中国・四国地方からの交通アクセスが容易になる。敷地面積は9277m2、延床面積は2622m2で、施設内には最新の展示機と加工技術、トレーニング設備・機器、専門スタッフを導入し、サポート体制をさらに強化するとしている。

photo 「瀬戸内テクノロジーセンタ」完成予想図,c 

FAメルマガ 登録募集中!

famerumaga

MONOist FAフォーラムのメールマガジンの配信を2014年7月よりスタートしました。FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


関連キーワード

FAニュース | 加工技術


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.