Special
» 2015年07月08日 10時00分 UPDATE

モノだけじゃない! 日本のモノづくり(5):「オープンソース」がモノづくりの世界にやってきた

スマホやテレビにオープンソースのFirefox OSが採用された――。とかくブラックボックスになりがちなモノづくりの世界にもオープン化の潮流が訪れ始めている。Webでつないで、フィードバックを集めて、みんなの力を開発に生かすことで、今までにない新しい世界が広がってくる。一方で、多くの開発者が参加する開発手法に安全性などの不安もある。オープンソース的モノづくりの可能性について探ってみた。

[PR/MONOist]
PR

 モノづくりを支援するプロトラブズが、日本の未来を担うクリエイティブなモノづくりを追う連載「モノだけじゃない! 日本のモノづくり」。今回、プロトラブズ社長のトーマス・パン氏と対談したのは、Firefox や Thunderbird などオープンソース製品を提供しているMozilla Japan モバイル&エコシステム マネージャの浅井智也氏だ。

 昨年末以降、KDDIとパナソニックが、オープンソースのFirefox OSを採用したことが話題になった。多くの開発者が参加して開発するオープンソースのソフトウェアには、正直不安を感じる方もいるだろう。しかし、今やオープンソースは、ソフトウェアの世界だけの話ということではなくなってきたようだ。はたして、オープンソース的モノづくりの可能性はあるのだろうか。

photo プロトラブズ社長のトーマス・パン氏(左)とMozilla Japan モバイル&エコシステム マネージャの浅井智也氏(右)

ボランティアの開発者は数1000人

(以下、敬称略)

パン オープンソースというと、ボランティアベースで開発されているイメージなのですが、うまく意見を集約できるものなのでしょうか。

photo

浅井 ボランティアだけではなく社員の開発者もいますが、ボランティアが開発しているコードがかなりの割合を占めていて、継続的にコードを書いてくれている人だけでも数千人います。全ての決断は、オープンなメーリングリストでのディスカッションを経て行われます。誰でも意見を言える場で、納得できるまで議論します。最終的にみんなの意見を調整するのは、技術力と実績があり、みんなから信頼されているリーダーです。そのリーダーも、社員とは限りません。

 1998年にMozillaの元となるNetscapeがソースを公開しオープンソースという言葉を定義した時点でも、指揮系統がないのにうまくいくのかという議論もありましたが、このような体制ができれば成立します。

パン すごく民主的なのですね。ボランティアの開発者の人たちは、どういうマインドで集まっているのか興味がありますね。

浅井 例えば行政は資金の用途をオープンにして、市民がレビューすることができるようになっていますよね。われわれも同じように、公共の財産であるWebを使うソフトウェアは、みんながレビューできる形にしたいという考えがベースにあります。最初は、この考えに賛同してくださる方がコミットしてくれて、だんだんFirefoxが好きという方々も加わっています。直接開発に関わらないユーザーから集まるフィードバックも、次の機能追加/改善で検討しますので、ユーザーも製品作りに参加してくれていると思っています。

多くの目が見張っているから、むしろ安全

photo

パン 最近は、KDDI(au)のFirefox OSスマホや、パナソニックのスマート4KテレビでもFirefox OSが採用されていますね。オープンソースには、誰が何をするか分からないというリスクもあるように思うのですが。

浅井 オープンにすることは、むしろセキュリティや安全性を担保する上でも有効です。セキュリティの専門家も含めて、非常に多くの目が見ているので、ひそかに何かを仕込むといったことはできません。KDDIやパナソニックも、新たに開発した機能などを公開してくれていますし、KDDIに至っては、透明な筐体をデザインし、その3次元CADデータを公開するなど、製品デザインに までオープン性を表現しています。

 また1社が作った仕様や規格は、どんなに頑張ってもいつかなくなってしまいます。標準化されたオープンな仕様ならば、特許の問題もなく、将来的にも長く使えます。例えばJIS規格も、標準化された仕様ですよね。

パン 確かにそうですね。ただ、いわゆる“モノづくり”はソフトウェアとは育ってきた文化が違うと思いますが、Firefoxのようなオープンソースを比較的保守的な「モノづくりに組み込む」という考え方は理解されるのでしょうか。

浅井 何年も前に Firefox のエンジンを組み込み向けにいろいろな会社に提案しましたが、「オープンソースで本当に大丈夫なのか」とか、「バグがゼロになったら提案してくれ」とよく言われました。できあがったものを買うという発想ではなく、 一緒に作るという形をとってくださることが、オープンソースを使ったプロジェクトの成功に繋がります。企業の要望や、ユーザーからのフィードバックを取り入れて作っていけるということが、だんだん理解されるようになってきていると思います。

 当初は個人がコミットしたオープンソースですが、KDDIやパナソニックのような日本の大企業もコミットするようになってきた。そういう時代に入ってきたのではないかと思います。

「みんなでモノづくりする」時代がくる?

パン モノづくりの世界では、製品を商品化するためには、特にハードのコストパフォーマンスをいかに上げるかということに取り組んできましたが、今はソフトの重要性が高くなっていて、ソフトのコストだけではなくパフォーマンスも考えなければならなくなってきています。

 特に機械を制御するソフトウェアの場合は、ソフトにバグがあったら機械が止まってしまうこともあるし、使っている人がケガをするというようなこともあるかもしれません。どうしてもプログラミングには、その機械を熟知したプログラマーだけに仕事が集中してしまい、色々なプログラマーが携わるような仕組みには多少なりともリスクを感じてしまうような課題もあります。

浅井 自分たちだけでなんとかするより、よく知っている人たちが管理していて、継続性があるソフトウェアや通信手段を基盤にする。それをベースに、独自性の部分に注力する方がいいのかもしれませんね。

 もちろん、全てオープンにすればいいというものでもなく、何でもWebでつなげばいいというわけでもありません。1社の中で閉じて作った方がいい部分もあると思います。しかしWebでつないで、フィードバックを集めて、みんなの力をモノづくりに生かすという考えは、ソフトウェア以外の分野にも可能性があると思っています。

パン 物理的に形あるモノを作る場合でも、オープンソース的な考え方は成り立つということですね。

浅井 日本の製品は、クオリティは素晴らしい。しかしそれだけに注力するのではなく、新しい発想やスピードとのバランスも必要かもしれません。プロトタイプを作ってブラッシュアップすることは、社内では行われていると思いますが、エンドユーザーは意外と違う視点を持っています。

 例えば初期の製品は、まず使えるものを提供する。それでも構わない、面白いから使ってみたいというユーザーが使ってみて、フィードバックをくれる。それを受けて改善する。こういうサイクルができれば、ソフトウェアのオープンソースと一緒です。このプロセスをいかに速く回せるかがオープンソースのだいご味、オープンなモノづくりのだいご味だと思います。

 特にメイカーズとかFabなど、小さな規模でモノづくりをすると、テストに割ける時間は短くなります。多くの目が見ている共通のソフトウェアを使うことで、単に効率だけでなく、小規模化するモノづくりを支える考え方にもなるのかなと思います。

パン なるほど。当社は、工場を持たない人やメイカーズでも1個でも1万個でもカスタムパーツを作れるというビジネスモデルですから、オープンなモノづくりの考え方と通ずるものがありますね。

浅井 そうですね。プロトラブズさんのような一人ひとりの作りたいものを支援するサービスを活用して、だれかが作る。その人が作り方を公開すると、別の人がちょっとカスタマイズして作れる……というような、環境ができていけばいいなと思います。「みんなが参加して作る」という Web やソフトウェアの世界でのやり方を、よ りリアルでハードな世界に広げていければもっと面白くなる、生活の仕方を変えるインパクトがあるのではないかと考えています。

photo

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:プロトラブズ合同会社
アイティメディア営業企画/制作:MONOist 編集部/掲載内容有効期限:2015年8月7日

モノだけじゃない! 日本のモノづくり

小ロットの射出成形でみんなが頭を悩ますことの1つは「金型」。一般に日本で金型を作ると、コストが高額になってしまうイメージがある。だが目に見える「コスト」だけが問題ではないことは、実はみんな気が付いているはず。そもそも金型の知識が不十分な中で、理想とする製品に到達するためにカギとなるのは?

さまざまなメカ部品の製法があるが、何を基準に、どのように適切な製法を選択すればよいのか。今回はそのようなモノづくりのプロセス、ニーズに応じた、3Dプリンタ、切削加工、射出成形などの製法の選定ツールについて解説し、さらに製品開発をスピードアップする手法も紹介する。

今Pepperは、ソフトバンクのショップで、ソフトバンク社員の家で、また先行販売されたデベロッパーやクリエイターのもとで、2015年2月の一般発売に向けて経験を積んでいる最中。Pepperのいる生活とはどのようなものなのか、何を助けてくれるのか。Pepperを通じて、ロボットの可能性を考える。

2014年6月5日、ソフトバンクモバイルと、フランスに本社を持つアルデバラン・ロボティクスの共同開発による、世界初の感情認識パーソナルロボット「Pepper(ペッパー)」が発表された。人とのコミュニケーションにフォーカスした、人懐っこい顔と、滑らかな動作。クラウドAIによって学習し続けるPepperの世界を、2回シリーズで追う。

シリーズ「面談不要の加工・成形屋さん」

MONOistの記者が、iPadスタンド作りにチャレンジ! Web上の加工・成形屋 プロトラブズの見積もりサービスで、自分が作ってみた、ちょっといいかげん(?)なモデルが切削加工でいくらになるのか試してみた。

MONOistの記者が、iPadスタンド作りにチャレンジするシリーズ。今回は、“本職の設計者”という素晴らしい助っ人をゲット! また今回もWeb上の加工・成形屋 プロトラブズの見積もりサービスを使いまくった。

今回は「一人家電メーカー」として注目を集めるビーサイズ 八木啓太氏が登場! 同社のLEDデスクライト「STROKE」や新製品でも、小ロット生産を力強くバックアップするプロトラブズのサービスが活躍していた。どんどん見積もりして部品のコストダウンや納期短縮をかなえるという、八木流プロトラブズ活用法とは? 八木氏の設計した製品の実際の見積もり詳細情報も公開!

今回は、MONOist「メカ設計フォーラム」でおなじみの「甚さん&良くん」コンビが登場! カッコイイ!? チャリティーグッズの設計にチャレンジだ。プロトラブズの見積もりサービスで樹脂部品設計を支援。

「世の中に物を送り出す」ビジネスは、「世の中自身」も作る。その役割が、いま個人や小規模グループにもゆだねられる時代がやってくる。今や誰もが作り手(Makers)になれる。しかし物を作るだけではなくて、メーカーとしてビジネスがしたい。そう考えたときには、3次元プリンタだけでは難しい。そこで活躍するのがプロトラブズのサービスだ。

モノづくりのプロにとっても樹脂パーツの小ロット生産をリーズナブルなコストで、しかも短納期でやるのは悩みの種。3次元プリンタでは実際の材料を使えないし、単価が高すぎて必要数量を作れない。でも普通に従来の量産射出成形を検討すれば時間もかかる。ニーズはあるのに1万個以下ではほとんど対応してくれるところがない……。でも、今までそんな谷間だった領域のパーツの製造が可能なサービスがある。

今回は、ユカイなモノづくりを目指すロボティクス企業 ユカイ工学が登場! 同社のフィジカルコンピューティングツール「konashi」を楽しく使うためのケース・ホルダーを考えてみた。今回も、プロトラブズの見積もりサービスが活躍する!

ロボティクス企業 ユカイ工学による「ユカイなモノづくり」! 今回は、フィジカルコンピューティングツール「konashi」を楽しく使うためのホルダーを小ロット生産するに当たり、プロトラブズを使ってコストダウンを検討してみた。

ロボティクス企業 ユカイ工学による「ユカイなモノづくり」! 今回は、フィジカルコンピューティングツール「konashi」を楽しく使うための樹脂ホルダーを小ロット生産するに当たり、プロトラブズを使ってコストダウンを検討してみた。いよいよ生産数の決定! 原価はどれくらいまで落とせるの?

ビーサイズの新製品・ワイヤレス充電器「REST」の開発プロセスには、たくさんの乗り越えるべき課題があった。理想の家電を実現するために妥協しない小さな家電メーカー ビーサイズの挑戦を支えたプロトラブズの利点とは。

「ユカイなモノづくり」を目指すロボティクス企業 ユカイ工学は、人材発掘もユカイ? 今回登場するのは、現役東大生のメカ設計者の安住仁史氏。同氏が、前回登場した先輩・小島拓也氏のデザイン画を基に、機構設計を進めていくことになった。今回は、そのほんの一部を紹介する。

化学メーカー クラレが開発した「クラリティ」は、透明で美しいエラストマー。「ちょっととんがったメイカーズにぜひ選んでいただきたい!!」ということで、“オンライン加工・成形屋さん”プロトラブズとコラボして、キラキラ輝くデザインプレートを作った。「クラリティ」デザインプレートを見ていれば、ふっとユニークな製品企画が思い付くかも!?