ニュース
» 2015年07月08日 07時00分 UPDATE

工場ニュース:中国に光ファイバー用プリフォームの新工場を建設、生産能力を拡大

信越化学工業は、中国湖北省に光ファイバー用プリフォームの工場を建設する。新工場の生産能力は、光ファイバー換算で年1500万kmとなる予定。

[MONOist]

 信越化学工業(以下、信越化学)は2015年6月23日、中国湖北省に光ファイバー用プリフォームの工場を建設すると発表した。建設に当たり、同国の光ファイバーメーカーであるYangtze Optical Fibre and Cable Joint Stock(以下、YOFC)と共同で、合弁会社「長飛信越光棒」を設立する。

 中国では現在、通信データ量の増加に伴い、光ファイバーの需要が拡大している。そのため今回、中国向け光ファイバー用プリフォームの販売強化に取り組む信越化学と、光ファイバーおよび光ケーブルの生産・販売の拡大を目指すYOFCの意向が一致し、合弁会社の設立を決定した。

 新会社の設立は2015年8月の予定で、資本金は80億円。信越化学が51%、YOFCが49%出資する。工場の稼働開始は2016年末を目指し、総投資額は約125億円を見込んでいるという。生産能力は光ファイバー換算で年1500万kmとなる予定で、これにより信越化学の光ファイバー用プリフォームの生産能力は、現在より約4割増えるという。

 中国で生産される光ファイバーは、世界市場の約5割を占めるとされ、今後も拡大が見込まれている。信越化学では、市場の拡大に応じた事業展開を図るとしている。

photo 新工場の立地場所(参考)

FAメルマガ 登録募集中!

famerumaga

MONOist FAフォーラムのメールマガジンの配信を2014年7月よりスタートしました。FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


関連キーワード

中国 | 会社 | 新会社 | 工場ニュース | FAニュース


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.