ニュース
» 2015年07月08日 07時00分 UPDATE

追加充電はダメです:単三電池40本で鈴鹿サーキットを疾走! 「2015 Ene-1 GP SUZUKA」開催

エネループ40本を動力源としたオリジナルカーの競技会「2015 Ene-1 GP SUZUKA」が2015年8月2日に開催される。エントリー数は過去最多の110台だ。

[與座ひかる,MONOist]

 パナソニック オートモーティブ&インダストリアルシステムズ社は2015年7月6日、次世代エネルギーカーイベント「2015 Ene-1 GP SUZUKA」のオフィシャルパートナーとして充電池「エネループ」、充電器などの提供で協賛を行うと発表した。

 Ene-1 GPは充電式単三形電池(エネループ)40本を動力源としたオリジナルカーと電動自転車の競技会だ。今回で第5回目となる本大会は、2015年8月2日に鈴鹿サーキット(三重県鈴鹿市)で開催される。競技カテゴリ―は、手作りの電気自動車で競う「KV-40チャレンジ」と市販の自転車を電動化して競う「KV-BIKEチャレンジ」の2種類。モータースポーツの聖地とされる鈴鹿サーキットで、ガソリン燃料以外を用いて行われる珍しい大会となっている。

2014年大会での走行の様子 2014年大会での走行の様子

 エントリー数110台のうち93台が電気自動車部門「KV-40チャレンジ」に出場する。大会のメインともいえるこの部門のルールは、鈴鹿サーキット 国際レーシングコース フルコースでのタイムアタックを3回行い、合計タイムを競うというものだ。3回のタイムアタック中に追加充電は認められておらず、速さはもちろん、1周5.807キロを3回走り抜くエネルギーマネジメントも必要になる。KV-40チャレンジは車両制限なしの「KV-1クラス」と車両最低重量35kgの「KV-2クラス」に分けられている。

 本大会は2011年に鈴鹿サーキットではじまり、2012年からはツインリンクもてぎ(栃木県芳賀郡)でも開催されている。

関連キーワード

eneloop | パナソニック | 電動自転車


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.