ニュース
» 2015年07月09日 17時00分 UPDATE

組み込み開発ニュース:GEとNTTドコモがIoTソリューションで提携、インフラ監視をIoTで

GEエナジー・ジャパンとNTTドコモがGEの産業用機器向けワイヤレスルータとNTTドコモの通信モジュールを連携させた新たなIoTソリューションの提供で業務提携に合意した。

[渡邊宏,MONOist]

 GEエナジー・ジャパンとNTTドコモは2015年7月9日、GEの産業用機器向けワイヤレスルータ「MDS-Orbit」とNTTドコモの通信モジュールを連携させた新たなIoTソリューションの提供について、業務提携に向けた覚書を締結したと発表した。

 産業プラントや電気ガス水道などインフラ設備などでの利用に耐える堅牢性を有する「Class I Division2」認証を得ているMDS-OrbitにNTTドコモの通信モジュールを搭載して提供することで、発電所や橋梁などの稼働データをリアルタイムに監視することが可能となる。

 加えて取得したデータをNTTドコモがIoTクラウドプラットフォーム「Toami」(日本システムウェア)上で提供するアプリケーションと連携させることで、スマートフォン/タブレットを通じての予兆診断や保全管理に利用することもできる。

photo 協業のイメージ

関連キーワード

IoT | NTTドコモ | 通信モジュール | 業務提携 | M2M


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.