ニュース
» 2015年07月10日 14時00分 UPDATE

車両デザイン:「四角いハコ型」じゃない新型「シエンタ」、デザインの秘密は“一筆書き” (1/2)

初のフルモデルチェンジを行った新型「シエンタ」。最も目を引く、「四角いハコ型」を脱したデザイン変更のモチーフは“一筆書き”だったという。

[與座ひかる,MONOist]

 トヨタは2015年7月9日、東京都内で会見を開き、同社のコンパクトミニバン「シエンタ」の新型モデルを発表した。

 会見には同社 製品企画本部 チーフエンジニアの粥川宏氏、デザイン本部 トヨタデザイン部 プロジェクト チーフデザイナーの郷武志氏が登壇し、CMキャラクターである滝川クリステルさん、サッカーのハメス・ロドリゲス選手と一緒に新型シエンタの魅力を解説した。

新型「シエンタ」発表会の様子 新型シエンタ発表会の様子。左から、トヨタ自動車の郷武志氏、滝川クリステルさん、ハメス・ロドリゲス選手、トヨタ自動車の粥川宏氏(クリックで拡大)

 2003年から販売してきたシエンタだが、フルモデルチェンジは今回が初となる。ハイブリッドシステムの採用、乗降性の向上など注目すべき点は多くあるものの、まず目を引く変化は外観デザインの一新だろう。

hy_toyota_02.jpghy_toyota_03.jpg 新型「シエンタ」(左)と従来モデルの「シエンタ」(右)(クリックで拡大) 出典:トヨタ自動車
       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.