ニュース
» 2015年07月14日 08時00分 UPDATE

医療機器ニュース:フィンランドの企業から非染色生細胞画像解析技術を獲得

横河電機は、フィンランドのChip-Man Technologiesから、非染色画像解析技術を獲得した。再生医療・iPS細胞・創薬などの分野で、前臨床・臨床段階における生細胞の非染色での画像解析に応用できるという。

[MONOist]

 横河電機は2015年6月30日、フィンランドのChip-Man Technologiesから、非染色画像解析技術を獲得したと発表した。同技術は、再生医療・iPS細胞・創薬などの分野で、前臨床・臨床段階における生細胞の非染色での画像解析に応用できるという。

 実用段階に近い前臨床・臨床の分野では、細胞の活動をより生体に近い状態で観察するため、レーザーなどの照射を必要としない非染色での観察が求められている。しかし従来、非染色生細胞の観察は、顕微鏡などを用いた目視で行われ、詳細な解析は困難とされていた。

 今回同社が獲得した技術は、特殊な光学系システムを構築することなく、通常の顕微鏡などによる非染色生細胞画像から、コンピュータでの詳細解析を可能にするもの。非染色細胞は、培養細胞を人体に移植する場合にも必要となるため、同技術は不妊治療の受精卵培養時や、再生医療における分化細胞の凝集・組織化時の品質・安全性の管理、iPS細胞樹立時の細胞の選別などにも利用できるという。

 同社では、非染色画像解析技術を獲得したことで、今後拡大が見込まれる再生医療・iPS細胞分野にも進出を図るとしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.