ニュース
» 2015年07月15日 19時00分 UPDATE

ビーコン:Google、iBeacon対抗のビーコン規格「Eddystone」をオープンソースで

米GoogleがApple「iBeacn」対抗となる、Bluetooth Low Energy(BLE)ビーコン「Eddystone」をオープンソースライセンスで公開した。

[渡邊宏,MONOist]

 米Googleは2015年7月14日(現地時間)、Bluetooth Low Energy(BLE)ビーコンのフォーマット「Eddystone」をApache v2.0のオープンソースライセンスで公開した(GitHub)

 BLE対応ビーコンとしてはAppleの「iBeacon」が知られているが、Eddystoneはマルチプラットフォーム対応となっており、AndroidのみならずiOSでも利用できる。既にAndroid/iOSアプリ向けにビーコン機能を実装する「Nearby API」と、緯度経度などの位置情報や位置情報に関連する情報をクラウドから取得できる「Proximity Beacon API」などが用意されており、開発リソースにはGoogleの開発者向けサイトないしGitHubからアクセスできる。

 発信される信号はパブリックなものだが、プライバシー保護とセキュリティ確保のため限られたクライアントだけがデコードを可能とするEphemeral Identifiers(EIDs)が組み込まれており、「空港の到着ロビーで自分の荷物を探す」「見つからなくなったカギを探す」といった用途にもEddystoneを利用できるとしている。ユニークな機能として、ビーコンからのURL送信機能も用意されており、端末にWebブラウザがあれば(特定アプリケーションがインストールされていなくとも)情報を送ることができる。

 既存BLEビーコンはファームウェアのアップデートによってEddystone準拠とすることが可能であり、Googleではパートナー企業とともに認証プロセスを提供し、相互接続性も高めていく計画だ。

関連キーワード

Google | Android | iBeacon | 低エネルギーBluetooth


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.