ニュース
» 2015年07月16日 07時00分 UPDATE

FAニュース:体積が従来比約50%減の極小型ビームセンサーを発売

パナソニック デバイスSUNXは2015年6月30日、世界最小サイズとされる、極小型ビームセンサー「EX-Zシリーズ」を発売した。センサー本体前面にスリットを内蔵したことで、微小物体ø0.3mmの検出ができる。

[MONOist]

 パナソニック デバイスSUNXは2015年6月30日、世界最小サイズとされる、極小型ビームセンサー「EX-Zシリーズ」を発売した。装置の小型化が進む半導体業界・電子部品製造業界で、微小部品の検出に対応できるという。

 EX-Zシリーズは、ワイヤボンディングなしで実装できる半導体パッケージ技術により、同社従来機種「EX-10シリーズ」に比べて体積を約50%低減した。サイズは、フラットONタイプがW8×H14×D3mm、サイドONタイプがW5.5×H15.9×D6.5mmで、従来ファイバーヘッドしか対応できなかったスペースにも取り付けができる。

 また、センサー本体前面にスリットを内蔵し、別売のスリットがなくても微小物体ø0.3mmの検出ができる。さらに、高輝度4元素赤色LEDを採用したことで光量がアップし、検出距離500mmでø1.0mmワークの検出を可能にした。

 ラインアップはフラットON/サイドONタイプの計24種で、検出距離は50/200/500mm。全機種に耐屈曲ケーブルタイプを用意した。標準価格(税別)は各8500円、耐屈曲ケーブルタイプは各9300円となる。

photo 極小型ビームセンサー「EX-Z」

FAメルマガ 登録募集中!

famerumaga

MONOist FAフォーラムのメールマガジンの配信を2014年7月よりスタートしました。FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.