ニュース
» 2015年07月16日 17時00分 UPDATE

Pepper:Pepperと住宅のセット提供も視野に、「ロボットのいる家」実現へトライアル

ソフトバンクロボティクスら3社が「ロボットのいる家」を体験してもらうトライアル住宅展示場で実施する。将来的にはPepperと住宅のセットも視野に入れる。

[渡邊宏,MONOist]

 ソフトバンクロボティクスは2015年7月16日、ハウスメーカーのヤマダ・ウッドハウスならびにヤマダ・エスバイエルホームと、ロボット「Pepper」を住宅展示場などで活用していくことに合意したと発表した。

 将来的にはPepperと住宅をセットした「ロボットのいる家」の実現を目指す。

 これはヤマダ・ウッドハウスならびにヤマダ・エスバイエルホームの親会社であるヤマダ電機とソフトバンクが2015年5月に締結した、業務提携施策の一環として行われるもの。

 まずは期間限定で住宅展示場にPepperを設置、実際の家庭に近い環境でPepperとコミュニケーションできる場所を用意することで、「家庭にロボットのある環境」を体験してもらう狙いだ。

photo

 Pepperが配置される住宅展示場は「ヤマダ・ウッドハウスなんば展示場」「ヤマダ・ウッドハウスなんばモデルルーム」(いずれも大阪府大阪市)、「ヤマダ・エスバイエルホーム kobori 研築工房 青山 the ATRiUM」(東京都渋谷区)の3カ所。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.