Special
» 2015年07月21日 10時00分 UPDATE

Intel IoT Solution Conferenceリポート:インテルは川の流れのように、ホリゾンタルにIoTを加速させる

IoTの可能性は多くの機会に語られているが、決して1社で完結するものではない。インテルが「広がりゆくIoTの可能性」と題した講演にて、IoTの導入事例とともに、同社のIoTへの取り組みについて紹介した。

[PR/MONOist]
PR

 IoT(Internet of Things)の可能性については多くの機会に語られているが、その実現に際して共通するのは、IoTが決して1社で完成する取り組みではないということだ。どのようなエッジデバイスやOS、クラウド、プラットフォームを選択することとなっても、IoTが実現するサービスや製品は非常に多岐に渡り、1社で全てをまかなうことは現実的ではない。そのために各社は団体を組織し、パートナーシップを強化し、「IoTの実現」を容易なものとするべく努力を続けている。

 インテルは2015年6月25日、「Intel IoT Solution Conference」を開催。「広がりゆくIoTの可能性」と題した講演で、同社エンベデット・セールス・グループ IoT パートナー・イネーブルメント ディレクターの佐藤有紀子氏が、IoT導入の事例とともに、同社のIoTへの取り組みについて紹介した。

photo インテル エンベデット・セールス・グループ IoT パートナー・イネーブルメント ディレクター 佐藤有紀子氏

あと4年半で350億台のデバイスがネットに接続される

  同社は2013年末にIoTを推進する部門を設立、“プロセッサを販売する企業”としてだけではなく、サーバやPC、組み込み機器やネットワーク機器など、さまざまなコンピューティング機器へ同社のテクノロジを提供することで、あらゆるモノがインターネットでつながり(Internet of Things)、よりよい体験を提供すべく体制を整えている。

 “あらゆるモノがつながり、有機的ともいえる滑らかさで、シームレスにサービスが提供される”このようなビジョンは一昔前なら夢物語であったが、佐藤氏は過去10年間でセンサーの価格は1/2に、ネットワークの価格は1/40に、そしてプロセッサの価格も1/60まで低下し、さまざまなモノへコンピューティングとネットワークを提供できる環境が実現しつつあると述べる。

photo センサー、ネットワーク、プロセッサの価格低下もあり、2020年には500億台の機器がネットワークに接続されると予想する。その際に、サーバには44ゼタバイトのデータが存在する見込みだ

 ただ整いつつあるとはいえ完全ではなく、2015年現在、導入されているシステムの85%はネットワークに接続されておらず、結果としてデータ共有やクラウド活用は進んでいない。それでもIDCの調査によれば2015年のIoT市場は220〜250億ドルあるとされており、既存システムのネットワーク化、IoTデバイスの増加により、この市場規模は爆発的に拡大することが予想される。

photo 現在は導入済みシステムの85%がネットワークに未接続であるが、2020年には500億台がネットにつながることになり、IoTの活用は急速に進むことになる

インテルはホリゾンタルな流れを加速させることができる

 その“IoTの基盤”を提供することで、インテルは爆発的な拡大が見込まれるIoTの市場へどのような価値を提供するか? 佐藤氏は「ホリゾンタル(水平)な流れを加速させることが、インテルの強みだ」と述べる。知られているとおり同社はIoTを取り巻くさまざまな領域で多くの知見を有しており、これらをあたかも川の流れのように、一貫した流れとして提供できる。

photo さまざまな分野での知見を持つインテルならではの、ホリゾンタルな取り組みでIoTを加速させる

 佐藤氏は同社の携わったIoT導入の事例として、台湾のプラスチックメーカー「Formosa Plastics」が実現した生産におけるコストダウンやダウンタイムの軽減や、マレーシアのSIerである「Abbaco eControls」が提供した農業用水管理によるスマートアグリソリューションなどを挙げ、オープンかつ拡張性に優れた同社アーキテクチャによって、IoTの実装を容易なものとし、実ビジネスへ高い価値を提供することができたと述べる。

 同社は「インテル IoT プラットフォーム」として、エッジデバイスからゲートウェイ、クラウド、APIマネジメント、セキュリティソリューションなどIoTを構成する諸要素についてリファレンスを示すとともに、関連する各社と協力し、いわば“IoTの基盤”を提示することで、IoT導入を加速させようとしている。Formosa PlasticsとAbbaco controlsの導入事例はその好例といえるだろう。

 日本国内においては富士通とIoTプラットフォーム連携について合意しており、富士通研究所の分散サービス基盤とインテルのIoTゲートウェイによる包括的なIoTソリューションを共同で構築し、IoTを軸に新ビジネスを生み出したい顧客へ、より効果的なIoTソリューションの提供を目指していくとしている。

 もちろん、各社との協力を推進すると共に、自社製品の強化も継続して行う。IoTデバイスの増大でその存在感を増すことが予想される産業向けゲートウェイについてはWind Riverだけではなく、Linux(Ubuntu)やWindows OSに対応し、そしてよりハイパフォーマンスなCore iプロセッサ搭載製品も用意する。プロセッサについても2015年4月にAtomシリーズの組み込み機器版ともいえる「インテル Atom x3」を提供開始、プロセッサのバリエーションも拡大することで、応用範囲を広げていく。

 また佐藤氏はグローバルでの取り組みとして、産業界に向けてのIoT普及を目指す「Industrial Internet Consortium」、広範囲へのIoT普及を目指す「Open Interconnect Consortium」、2つのIoT団体についても同社(米Intel)が重要な位置を占めており、業界を挙げてのIoT普及に向けて尽力していくとした。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:インテル株式会社
アイティメディア営業企画/制作:MONOist 編集部/掲載内容有効期限:2015年8月27日

関連リンク

関連記事

IoT導入に向けたリファレンス作りや標準化団体活動に力を入れるインテルが、ETWset 2015にて講演を行った。「バズワードは脱した」という、IoTはどのような価値を創造するのか。常務執行役員 平野浩介氏が語った。