ニュース
» 2015年07月16日 19時00分 UPDATE

エコカー技術:「プリウスα」のリコール、「アクセラ ハイブリッド」にも飛び火

マツダは、主力車「アクセラ」のハイブリッドモデル「アクセラ ハイブリッド」のリコールを国土交通省に提出した。対象台数は9335台。不具合の発見の動機は「契約先からの情報」となっている。この「契約先」とはトヨタ自動車のことだ。

[朴尚洙,MONOist]

 マツダは2015年7月16日、主力車「アクセラ」のハイブリッドモデル「アクセラ ハイブリッド」のリコールを国土交通省に提出した。対象となるのは、2013年10月〜2014年10月に製造した9335台。

 リコール原因は、ハイブリッドシステムの制御ソフトウェアの不具合である。具体的には、電力変換器(DC-ACインバータ)内の昇圧回路用素子が、制御ソフトウェアの不具合によって熱応力で損傷することがある。このとき、警告灯が点灯してフェイルセーフのモーター走行となり、素子損傷時に電気ノイズが発生した場合にはハイブリッドシステムそのものが停止して、走行不能になるおそれがある。

 改善措置は、リコール対象となる全車両で、ハイブリッドシステムの制御ソフトウェアを対策仕様に修正する。制御ソフトウェアの修正後に警告灯が点灯した場合には、電力変換器のモジュールを無償交換する。

「アクセラ ハイブリッド」のリコールの不具合発生箇所 「アクセラ ハイブリッド」のリコールの不具合発生箇所(クリックで拡大) 出典:国土交通省

 市場での不具合発生件数は0件で、発見の動機は「契約先からの情報」となっている。この「契約先」とはトヨタ自動車のことだ。

 アクセラ ハイブリッドは、トヨタ自動車からライセンスを受けて、「プリウス」などに搭載されている「リダクション機構付きTHS II」のハイブリッド技術を導入していることで知られている。

 トヨタ自動車は2015年7月15日に「プリウスα」のリコールを国土交通省に提出している(関連記事:「プリウスα」のハイブリッドシステム不具合、2014年2月の「プリウス」と酷似)。プリウスαとアクセラ ハイブリッドののリコール原因がほぼ同じ内容になっていることから、ハイブリッドシステムの制御ソフトウェアもほぼ同じものを用いているとみられる。

 なお、プリウスαやアクセラ ハイブリッドと同様の不具合によるリコールは、2014年2月にプリウスでも発生している(関連記事:3代目「プリウス」がハイブリッドシステムの制御不具合でリコール、190万台が対象)。

関連キーワード

リコール | 不具合 | マツダ


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.