ニュース
» 2015年07月18日 07時00分 UPDATE

工場ニュース:中国に超硬チップの新工場を建設、機械工具事業の生産体制を強化

京セラは、中国での機械工具事業を強化するため、同国江西省カン州市に新工場を建設する。稼働は2016年1月の予定で、主に超硬チップの生産を行うという。

[MONOist]

 京セラは2015年6月30日、中国での機械工具事業を強化するため、同国江西省 カン州市に新工場を建設すると発表した。

 同社では、中国における自動車産業向け切削工具の需要拡大に対応するため、2015年1月にタングステン精錬会社のカン州 海盛タングステンモリブデンと合弁で「京セラ精密工具(カン州)」(KPTG)を設立。今回、このKPTGに新工場の建設を開始した。

 新工場の総床面積は約2万3000m2で、2016年1月に稼働する予定。主に超硬チップの生産を行うという。中国における機械工具事業の生産拠点としては、東莞 ・珠海・上海に続く4つ目となる。同社では今回の生産体制強化により、今後同国内の需要に対応し、売り上げの拡大を目指すとしている。

photo 新工場の完成予想図

FAメルマガ 登録募集中!

famerumaga

MONOist FAフォーラムのメールマガジンの配信を2014年7月よりスタートしました。FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


関連キーワード

工場 | 中国 | 京セラ | 工場ニュース | FAニュース


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.