ニュース
» 2015年07月21日 17時00分 UPDATE

IoT:IoTデバイスに適したデータ処理量1/2の認証暗号技術

NECがデータ処理量が従来比約半分と小さく、処理能力に限りのあるIoTエンドデバイスへの実装にも適した認証暗号技術「OTR(Offset Two-Round)」を開発した。

[渡邊宏,MONOist]

 NECは2015年7月21日、データ処理量が従来比約半分と小さく、処理能力に限りのあるIoTエンドデバイスへの実装にも適した認証暗号技術「OTR(Offset Two-Round)」を開発したと発表した。

 新技術は固定長のデータで暗号化を行う既存暗号技術であるブロック暗号を用いながら、暗号化と認証を同時に効率よく行う。暗号化と認証用タグ生成の処理を、ブロック暗号の適用法を工夫し、共通化することでデータ処理量を約1/2に低減する。

 また、復号処理にもブロック信号の暗号化関数を用いるために復号関数が不要となり、プログラムや回路規模を抑えての実装が可能になる。ブロック暗号については任意のものを適用可能であり、安全性はブロック暗号の安全性に基づく。

 同社ではOTRとAESを組み合わせた認証暗号「AES-OTR」を米国立標準技術研究所の支援で行われている技術審査会に出展しており、一次選考を通過したことも発表した。

関連キーワード

IoT | 暗号化 | 暗号技術 | NEC(日本電気)


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.