ニュース
» 2015年07月21日 20時00分 UPDATE

防災・災害対策技術:ゲリラ豪雨を“秒単位“で検出、NICTからスマホアプリ

情報通信研究機構(NICT)が次世代気象レーダー「フェーズドアレイ気象レーダー」のデータを用いた豪雨予測アプリを公開した。

[與座ひかる,MONOist]

 情報通信研究機構(NICT)は2015年7月21日、ゲリラ豪雨をいち早く察知するスマホアプリ「3D 雨雲ウォッチ〜フェーズドアレイレーダ〜」をGoogle Play上で公開した。30秒ごとの3次元降雨分布図を"3Dアニメーション"で提供するほか、30分以内の豪雨予測をプッシュ通知でユーザーに知らせる機能を備える。

 このアプリは天気情報サイト「ライフレンジャー天気」を運営するエムティーアイとNICTの共同研究により作成されたもので、実証実験として2015年10月30日まで約3カ月間無料公開される。iOSでは同年8月以降公開予定としている。

 アプリが参照するのは、NICTが大阪大学や東芝と研究開発を進めている「フェーズドアレイ気象レーダー」の観測情報だ。フェーズドアレイ気象レーダーは、従来だと5〜10分かかっていた積乱雲の発生過程の3次元構造を30秒以内に観測できるレーダーで、"次世代気象レーダー"として注目を集めている。

雨雲の3Dアニメーション表示(左:斜め上空からの視点/右:真上からの視点)(出典:情報通信研究機構) 雨雲の3Dアニメーション表示(左:斜め上空からの視点/右:真上からの視点)(出典:情報通信研究機構)

 NICTは、今回のスマホアプリ公開によって得られる意見を元に、アプリの機能やデータ処理、配信手法を改良して、精度の高い短時間降雨予測情報の提供を目指していきたいとしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.