ニュース
» 2015年07月23日 09時00分 UPDATE

3Dプリンタニュース:食べ物を好きなカタチで作り出せる「3Dフードプリンタ」 (1/2)

XYZプリンティングジャパンは「三井食品フードショー 2015」(会期:2015年7月22〜23日/場所:東京ビッグサイト)に出展し、開発中の3Dフードプリンタ「XYZ Food Printer」の試作機を参考出品した。

[八木沢篤,MONOist]

 台湾New Kinpo Group傘下のXYZprintingの日本法人であるXYZプリンティングジャパンは「三井食品フードショー 2015」(会期:2015年7月22〜23日/場所:東京ビッグサイト)に出展し、開発中の3Dフードプリンタ「XYZ Food Printer」の試作機を参考出品した。「日本国内の展示会で、XYZ Food Printerのデモンストレーションを行うのは初めてだ」(同社)という。

 XYZ Food Printerは、同社のFDM(熱溶解積層)方式パーソナル3Dプリンタ「ダヴィンチ」の技術を応用したフードプリンタ。専用カートリッジの先端ノズルからペースト状の食材を押し出しながら積層していき、任意の3次元形状を作ることができる。材料として使用できる食材は、「小麦粉ベース(小麦粉、バター、砂糖)」「チョコレート」「ジャム」「練り切り」など。クッキー、スコーン、ピザの生地やチョコレート菓子、和菓子などが作れる他、「今後、ラテアートにも対応できるよう開発を進めている」(同社)という。

3Dフードプリンタ「XYZ Food Printer」の試作機 3Dフードプリンタ「XYZ Food Printer」の試作機
専用カートリッジカートリッジは3本セットできる出力している様子 (左)専用カートリッジ/(中)XYZ Food Printerの本体に専用カートリッジを3本セットできる/(右)実際に抹茶味の練り切り(和菓子)を出力している様子 ※画像クリックで拡大表示

 3次元形状のベースとなる3Dデータは、3Dプリンタで利用可能な標準フォーマットの1つであるSTLファイルに対応する。「3次元CADやCGツールで設計した1つの3Dモデルデータを基に、ABS樹脂/PLA樹脂などで容器を作ったり、クッキーの生地を作ったりすることができる」(同社)。3DデータはあらかじめXYZ Food Printer本体に“レシピ”として複数登録されている他、同社が展開する3Dデータ共有サービス「クラウドギャラリー」から好きなデザインをダウンロードして利用することもできる。


XYZ Food Printer XYZ Food Printerによるプリントプロセスについて
       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.