ニュース
» 2015年07月23日 06時00分 UPDATE

生産と設備TOKYO:IoT時代のローラーコンベア実現へ、動きを制御し、省人・省エネ・省スペース化 (1/2)

伊東電機は、生産効率化や設備保全などの展示会「生産と設備TOKYO」に初出展し、同社の主力製品である制御可能なモーターローラー「パワーモーラ24」シリーズを紹介した。

[三島一孝,MONOist]

 伊東電機は2015年7月22〜24日の3日間、東京ビッグサイトで開催されている生産効率化や設備保全などの展示会「生産と設備TOKYO」に初出展し、同社の主力製品である制御可能なモーターローラー「パワーモーラ」シリーズを紹介した。


photo 伊東電機の「パワーモーラ」の仕組み。ローラー内にモーターとギアなどを内蔵しており、これらを外部から制御できる 出典:伊東電機

 伊東電機が開発したパワーモーラは、ローラーコンベアに使われるローラーにモーターやギア、動力伝達部などを内蔵し、外部から1つ1つを制御できるようにしたもの。制御基板で起動・停止、スピードの可変、回転方向変更、エラー出力信号のアウトプットなど制御のインテリジェンス化に必要な機能を備えている。CC-LinkやEthernet/IPなどのフィールドバスにも対応しており、製造ラインなどのコントロールと併せて制御することなどが可能だ。

photo 生産と設備TOKYOにおける伊東電機のパワーモーラの実演デモ。搬送する荷物の2つを止めて2つを移動させるというようなことが可能になる(クリックで拡大)
       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.