ニュース
» 2015年07月24日 07時00分 UPDATE

製造ITニュース:生産管理システムのラインアップを強化し、より広い業務分野に対応

東洋ビジネスエンジニアリングのMCFrameのラインアップに「MCFrame PLM」が加わった。図研の「PreSight/visual BOM」のOEMで、BOMと軽量3Dデータの連携によって高度化・効率化していくというコンセプトの製品情報管理システムとなっている。

[MONOist]

 東洋ビジネスエンジニアリング(B-EN-G)は2015年6月30日、生産管理パッケージ「MCFrame」のラインアップに「MCFrame PLM」を加え、7月1日より販売開始すると発表した。

 同製品は、図研の「PreSight/visual BOM」のOEM製品。B-EN-GとB-EN-Gのビジネスパートナーから「MCFrame」ブランドで販売されるようになる。図研とB-EN-Gの資本業務提携により両社の製品ロードマップが共有されたことで、今後は両社製品間の連携も進められていくという。

 MCFrame PLMは、BOM(品目・構成)と軽量3Dデータの連携によって高度化・効率化していくコンセプトの製品情報管理システム。MCFrame PLMがMCFrameファミリーに加わることで、製品設計から生産・販売・原価管理まで、より広い業務分野での提案がワンストップで可能になる。

 今後はMCFrameとMCFrame PLMの間で双方向に連携を深めるため、インタフェースの開発を順次進める計画。これにより設計開発から生産までのトータルリードタイムの短縮や効率化・標準化、原価低減、QCD(品質、価格、納期)の作り込みの促進も期待できるという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.