ニュース
» 2015年07月24日 12時00分 UPDATE

キャリアニュース:優秀な人材の流出を防ぐ「リテンション」に7割弱の企業が意欲

エン・ジャパンが「エン 人事のミカタ」を利用している221社を対象に調査したところ、人材の外部流出を防ぐ「リテンション」を既に実施している企業は3割、今後積極的に取り組む予定の企業が7割弱あることが明らかになった。

[MONOist]

 エン・ジャパンは2015年7月7日、優秀な人材をつなぎとめるための施策である「リテンション」についての調査結果を発表した。景気回復により、人材の流出と採用難が問題となる中、約7割の企業がリテンションに積極的に取り組むと回答している。

 この調査に回答を寄せたのは、人事担当者向け中途採用支援サイト「エン 人事のミカタ」を利用している221社。今後リテンションを「積極的に行う」(31%)、「一部の人材に対し積極的に行う」(36%)と答えた企業は合わせて67%となった。昨年と比べて、10ポイントも高い結果だ。

 積極的にリテンションに取り組む理由としては、「新規に適切な人材を採用することは難しいので、能力や性格のよく分かる既存の社員をリテンションする方が効率的」、「時間をかけて育てた人材を手放したくはないため」といった意見が挙げられた。

photo 今後リテンションについてどのような対応をお考えですか?

 一方で、リテンションに対して意欲を示す企業は多かったものの、既にリテンションを実施している企業は30%にとどまった。

photo 人材のリテンション(優秀な人材をつなぎとめる策)について何か対応をされていますか?

 リテンションに対応済みの企業に実施している内容を尋ねたところ、「社内コミュニケーションの活性化」(66%)、「待遇改善(給与他)」(57%)、「職場環境の向上」(55%)といった取り組みについては半数以上が実施済みだったことが分かった。

photo 実施している施策(複数回答可)

 また、その中でも「待遇改善(給与他)」(42%)と「社内コミュニケーションの活性化」(40%)が効果的だったと、人事担当者からは回答が寄せられている。

photo 効果的だったと感じた施策(複数回答可)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.