ニュース
» 2015年07月28日 07時00分 UPDATE

FAニュース:軟鋼加工速度が最大10%向上した炭酸ガス2次元レーザー加工機を発表

三菱電機は、炭酸ガス2次元レーザー加工機の新製品として、薄板から厚板までの加工で加工性能・操作性が向上した「ML3015SR-32XP」を発表した。最新ビーム制御を採用したことで、同社従来機に比べて板厚12mmの軟鋼加工速度が最大10%向上した。

[MONOist]

 三菱電機は2015年7月13日、炭酸ガス2次元レーザー加工機の新製品として、薄板から厚板までの加工で加工性能・操作性が向上した「ML3015SR-32XP」を発表した。発売は同年9月1日の予定となる。

 ML3015SR-32XPは、最新ビーム制御を採用したことで、同社従来機に比べて板厚12mmの軟鋼加工速度が最大10%、板厚6mmのステンレス加工速度が最大40%向上。これにより、薄板から厚板まで、さまざまな板厚の加工時間を短縮した。板厚10mmのステンレスでは、切断面粗さは最大80%低減している。

 また、独自の制御技術により、加工開始までの準備動作時間を最大70%短縮し、稼働効率も向上した。電力・ガス消費量モニターを搭載し、加工完了後に発振器・冷却装置などを段階的に停止させるecoモードにより、待機時の消費電力は最大93%削減した。

 さらに、操作画面の加工状況に類似した写真を選択することで、作業者の熟練度に依存せず、高品位な加工が可能。加工状態を見ながらダイヤル操作で加工条件を補正するなど、使いやすさも追求した。

 標準価格は9050万円(税別)で、年間の生産台数は70台を予定している。

photo ML3015SR-32XP

FAメルマガ 登録募集中!

famerumaga

MONOist FAフォーラムのメールマガジンの配信を2014年7月よりスタートしました。FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.