ニュース
» 2015年07月28日 10時00分 UPDATE

CAEニュース:CAE汎用ポストプロセッサ「EnSight 10.1」の国内販売を開始

サイバネットシステムは、米Computational Engineering Internationalが開発・販売を行う、CAE汎用ポストプロセッサ「EnSight(エンサイト)」の最新版バージョン「EnSight 10.1」の販売開始を発表した。

[八木沢篤,MONOist]

 サイバネットシステムは2015年7月27日、米Computational Engineering International(以下、CEI)が開発・販売を行う、CAE汎用ポストプロセッサ「EnSight(エンサイト)」の最新版バージョン「EnSight 10.1」の販売開始を発表した。

 ポストプロセッサとは、数値で出てきたシミュレーション結果を、人間が理解しやすい形に可視化するソリューションである。EnSightは、一般的な可視化機能に加えて、グラフ機能、アニメーション機能も充実しており、プレゼンテーション用の動画作成にも効果を発揮する。また、流体解析、構造解析、振動解析、紛体解析、機構解析など、多くの数値シミュレーションソフトとのインタフェースを備え、自動車、電機、航空宇宙、化学、医療などの幅広い分野で採用されている。

 最新のEnSight 10.1では、節点球表示の高速化や並列処理機能が強化され、大規模な解析であってもシミュレーション結果のポスト処理がより高速に行えるようになった。

「節点球表示の高速化」の画面イメージ(※出典:サイバネットシステム) 節点球表示の高速化の画面イメージ(※出典:サイバネットシステム)

 さらに、可視化手法やパラメータがあらかじめ決まっている定型処理において、バッチ処理に対するニーズが高まっており、これに応えるべく今回のバージョンからバッチ処理専用ライセンスを追加。GUIを持たないため、インタラクティブな操作はできないものの、EnSightの本体価格よりも安価であるため、大量のデータ処理をする際に有効だという。

 その他、EnSight 10.1ではデータの比較や検証が簡単に行える機能が強化されている。また、今回のバージョンから一部製品のプロダクト名の見直しが行われ、上位版の「EnSight Gold」が「EnSight HPC」に、最上位版の「EnSight DR」が「EnSight VR」に変更となった。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.