ニュース
» 2015年07月28日 17時00分 UPDATE

電子ブロック:ソニー「MESH」、スイッチサイエンスでも販売開始

“誰でも発明家になれる”ソニーの電子ブロック「MESH」がスイッチサイエンスでも販売開始される。GPIOに差し込むだけで利用できる拡張基板も用意される。

[渡邊宏,MONOist]

 スイッチサイエンスは2015年7月28日、ソニーのスマートDIYキット「MESH」を同年8月1日より販売開始すると発表した。価格は「Button」「LED」「Move」が5980円、「GPIO」が6980円。

 MESHは消しゴムサイズの電子ブロック「電子タグ(MESHタグ)」と、MESHタグの挙動を決定するiPad用アプリ「MESHキャンバス」を組み合わせ、“ハードウェアをハッキング”できるアイテム。これまで一般向けとしては、ソニーのクラウドファンディングとEコマースを兼ねるサイト「First Flight」でのみ販売されていた。

photophoto
photophoto スマートDIYキット「MESH」

 MESHタグは動きを検出する「Move」、ボタンを備えた「Button」、さまざまな色に光る「LED」、他のセンサーやモーターに接続できる「GPIO」の4種が用意されており、MESHタグの間はBluetoothで接続される。

 基本的な使い方としては、「ボタンを押したら、LEDが光る」といったように、目的に応じてMESHキャンバス上の「MESHタグ」アイコンを組み合わせるだけだ。

 スイッチサインスではGPIOに差し込むだけで利用できる拡張基板の開発を進めており、この拡張基板は2015年8月初旬に販売を開始する予定としている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.