ニュース
» 2015年07月30日 07時00分 UPDATE

FAニュース:ミャンマーに電力・配電用変圧器を手掛ける合弁会社を設立

日立産機とミャンマーのSoe Electric & Machineryは、電力・配電用変圧器事業を中心とする合弁会社設立の契約を締結した。協業関係を強化し、近年高まるミャンマーの変電・配電設備の需要に応える。

[MONOist]

 日立産機とSoe Electric & Machinery(以下、SEM)は2015年7月7日、ミャンマーにおいて電力・配電用変圧器などの事業を展開する合弁会社を設立する契約を締結したと発表した。

 両社は、2012年からアモルファス変圧器に関する技術提携を結んでいる。さらなる協業関係の強化のため、今回の合弁会社設立に合意した。

 新会社の名称はHitachi Soe Electric & Machinery(以下、日立SEM)。2016年3月までの営業開始を目指す。SEMの変圧器事業を引き継ぎ、ミャンマーで電力・配電用変圧器を中心とする送配電機器の設計・製造・販売・据え付け・保守に当たる。

 日立SEMは、SEMの国内の事業基盤に、日立産機の変圧器設計・製造技術を加えて製品ラインアップを拡充することでシェア拡大を図る。また、ミャンマーでの変圧器国産化率向上を目指しつつ、近隣のASEAN各国への輸出事業も展開していく。

 ミャンマーでは、近年の経済発展とともに電力需要が急速に増加しており、電力インフラの整備が大きな課題とされている。現在、発電施設や送配電網の整備が重点的に進められ、高品質な変電・配電設備の需要が高まっている。

 日立SEMの本社所在地はミャンマーのヤンゴン市で、資本金は4500万ドル。出資比率は日立グループが51%、SEMが49%で、設立時の従業員数は約400人の予定だ。代表者は現在未定となっている。

photo SEM ヤンゴン工場

FAメルマガ 登録募集中!

famerumaga

MONOist FAフォーラムのメールマガジンの配信を2014年7月よりスタートしました。FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.