ニュース
» 2015年07月30日 11時00分 UPDATE

電気自動車:グリーン電力証書システム利用のEV用普通充電器、三菱地所が437台導入

NECが開発した電気自動車(EV)用普通充電器が、三菱地所グループの10カ所の施設に、合計437台設置される。これらの充電器に利用される電力は、「グリーン電力証書システム」を活用したカーボンフリーの電力だ。

[與座ひかる,MONOist]

 三菱地所とNECは2015年7月29日、NECが開発した電気自動車(EV)/プラグインハイブリッド車(PHEV)用普通充電器を三菱地所グループの施設に導入すると発表した。同年8〜12月にかけて、丸の内パークイン(東京千代田区)や横浜ランドマークタワー(神奈川県横浜市)など合計10施設に計437台設置される。


 これらの充電器に利用される電力は、「グリーン電力証書システム」を活用したカーボンフリーの電力だ。再生可能な自然エネルギーで発電された電力には、「環境付加価値」という電力そのもの以外の価値がつくとされる。グリーン電力証書システムは、その「環境付加価値」を証書として買い取ることで、再生可能エネルギーによる発電設備を持たずとも、証書に記載した電力量相当分の自然エネルギーを利用したと見なす制度のこと。そのため、三菱地所に設置された充電器を利用するEV・PHEVは、走行時だけでなく充電時においても、二酸化炭素を生み出さないカーボンフリーを実現できているといえる。

NECのEV/PHEV用普通充電器 NECのEV/PHEV用普通充電器

 今回、最も多く充電器が導入されるのはサンシャインシティ(東京豊島区)で、計180台。両社はサンシャインシティをはじめ、オフィスと商業施設の共存する大規模施設から展開することで利用者の獲得を見込むとしている。

グリーン電力証書システムの仕組み(クリックで拡大) 出典:NEC グリーン電力証書システムの仕組み(クリックで拡大) 出典:NEC

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.