ニュース
» 2015年07月30日 15時00分 UPDATE

高速プロジェクタ:動くモノにもズレなく投影、最大1000fpsの超高速プロジェクタ

東京エレクトロン デバイスが8bit階調の映像を最大1000fpsで投影できる高速プロジェクタを開発した。動いているモノに対してもズレなくプロジェクションマッピングを行える。

[渡邊宏,MONOist]

 東京エレクトロン デバイスは2015年7月29日、 8bit階調の映像を最大1000fpsで投影できる「世界最速レベル」(同社)の高速プロジェクタ「DynaFlash」を開発したと発表した。試作機は完成しており、2016年夏に「inrevium」ブランドとして販売を開始する予定。

 新製品は同社と東京大学 情報理工学系研究科 石川/渡辺研究室の共同開発によるもので、FPGAに組み込んだ新開発の高速制御回路によってTexas Instruments製DLP DMDと光源用LEDの制御を高速に行い、最大8bit階調で1000fpsという高フレームレートを実現した。同時に画像を高速転送する回路を用意することで、画像生成から投影までの信号遅延を最小3msまで抑制している。

photo 高速プロジェクタ「DynaFlash」

 超高速での投影が可能となることから壁面など静止した対象のみならず、移動する対象へもズレの生じない投影が可能であり、同社では高速移動する物体へのプロジェクションマッピングシステムを試作した。試作システムはプロジェクタから対象に映像を投影してカメラでとらえる画像センシングによって位置を認識し、その対象に遅延なく映像を投射できる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.